スポンサーリンク

田邊介三の大学はどこ?その他学歴経歴や石丸市長へのアシストがナイス

当サイトには、プロモーションが含まれています

安芸高田市の市議会では反石丸市長派の議員が目立ちますが、そんな中、親石丸市長派の議員として注目されているのが田邊介三(たなべかいぞう)さんです。

田邊介三さんの大学までの学歴や経歴が気になるところです。

また、議会の一般質問で石丸市長に質問を投げるふりをして石丸市長が話す機会を作ろうとしているかのような姿が「ナイスアシストすぎる!」と話題です。

 

そこで今回は、

  • 田邊介三の大学はどこ?
  • 田邊介三のその他学歴は?
  • 田邊介三の経歴は?
  • 田邊介三の石丸市長へのアシストがナイス

 

と題してお送りします。

 

当サイトでは安芸高田市の石丸市長・中国新聞・安芸高田市議会議員に関係する記事を多数掲載中!

こちらから関連記事まとめページに飛ぶことができます。

また、当記事の最後にもまとめページに飛ぶことができるむらさき色のボタンがありますので、記事を読み進めてからもまとめページに飛ぶことができますから大丈夫ですよ!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

田邊介三の大学はどこ?

安芸高田市の市議会議員・田邉介三さんの出身大学は広島県立農業技術大学校です。

田邉介三さんは果樹コースを専攻し、分校のあった東広島市安芸津町にて2年間農業を学びました。

 

 

引用:広島県立農業大学校公式サイトより

 

広島県立農業技術大学校は次世代の農業の担い手を育成することを目的とし、農業の技術や経営に関する知識を学ぶことができる学校です。

実践的な教育が評判で、高い就職率や農業に関する資格習得ができることもあり、口コミ評価も高くなっています。

 

農業大学校の偏差値が気になる方も多いと思いますが、農業大学校は農業の専門学校ということで4年制大学とは違って偏差値という概念はありません。

基本的に書類選考と面接で合否が判定され、学力はあまり関係ないようです。

 

田邉介三さんは1996年に農業大学校を卒業すると、今度は広島県の非常勤職員として2年間農業技術大学校で学生の指導にあたりました。

 

もん
もん

卒業後すぐに学生から指導者側になって農業を教えていたということは、田邉介三さんは農業に関してかなり優秀な人物であることがうかがえますね!

 

田邊介三のその他学歴は?

安芸高田市の市議会議員・田邉介三さんの大学以外の学歴は、残念ながら詳細な情報が記載されたサイトを見つけることができませんでした。

ただし、田邉介三さんの自己紹介動画では安芸高田市の甲田町出身で「高校までここで過ごした」と話していることから、こちらの学歴が考えられます。

 

田邉介三さんの学歴予想
◆小学校:甲田町立小田小学校、甲田町立小田東小学校、甲田町立甲立小学校
◆中学校:甲田町立甲田中学校
◆高校:広島県立吉田高等学校、広島県立向原高等学校
田邉介三さんの大学以外の学歴がわかりましたら、また追記していきますね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

田邊介三の経歴は?

安芸高田市の市議会議員・田邊介三さんの経歴はこちらです。

 

1996~1998年 20~22歳 広島県立農業大学校の臨時職員として生徒の指導にあたる
1998年~ 22歳~ 実家の農園に就農(梨と水稲)
2001年 25歳 結婚
2013年 37歳 段階的に親から農園の経営を継承
2020年 44歳 安芸高田市の市議会議員選挙に立候補し、初当選
2022年 46歳 ■4月に南沢克彦議員とともに「シセイクラブ」を結成
■11月に行なわれた安芸高田市の市議会議長・副議長選に、副議長として立候補するも敗れる

 

引用:安芸高田市の市議会名簿より

 

田邉介三の経歴:大学卒業後~実家に就職

田邉介三さんは農業大学校を継業後、2年間臨時職員として農業大学校に勤めます。

その後実家のある安芸高田市に戻り、1998年からは父親が経営する梨と水稲の農園で働き始めることになります。

 

田邉介三の経歴:結婚~子供誕生

2001ねんの25歳の時に田邉介三さんは結婚します。

その後子供が生まれると、田邉介三さんはさまざまな役職を経験して市政と関わる機会を持っていきます。

 

  • PTA会長
  • 農業の青年団体の会長
  • 行政委員会の委員

 

 

田邉介三の経歴:安芸高田市議の道へ

2020年に田邉介三さんは安芸高田市の市議会議員選挙に立候補します。

876票を獲得して18人中6位で見事安芸高田市議選挙に初当選し、安芸高田市議としての経歴をスタートさせることに!

 

当選当初から田邉介三さんは「親石丸市長」を主張していて、2022年4月には同じく親石丸市長派の南沢克彦議員とともに会派「シセイクラブ」を結成。

同年11月に行なわれた安芸高田市の市議会議長・副議長選に南澤克彦議員とともに立候補(南澤克彦議員:議長、田邉介三さん:副議長)するものの、最大会派・清志会の前に敗れてしまいました。

 

2023年現在、田邉介三さんは安芸高田市の市議会議員と農業の二足のわらじを履いて日々頑張っていらっしゃいます。

大学で農業を学んでいた農家の若者が地元のために立ち上がって議員として日々奮闘する姿には、きっと勇気づけられている人も多いことでしょう!

 

スポンサーリンク

田邉介三のプロフィール

安芸高田市議の田邉介三さんのプロフィール情報はこちらです。

経歴や学歴と併せて田邉介三さんがどんな人物か見ていきましょう!

 

名前 田邉介三(たなべかいぞう)
生年月日 1976年3月
年齢 47歳
出身 安芸高田市甲田町
最終学歴 広島県立農業大学校
趣味 ドラム、スノボー、Carp観戦、YouTube
当選回数 1回
会派 シセイクラブ
YouTube シセイクラブYouTube

田邉介三後援会YouTube

参照:ハチドリ舎掲載 安芸高田市市議会議員・田邉介三

 

 

 

もん
もん

ちなみに、田邉介三さんの後援会YouTubeチャンネルでは栽培されている梨が購入できるみたいです。(現在注文殺到で一時ストップ中)

 

スポンサーリンク

田邊介三の石丸市長へのアシストがナイス

当選当初より「親石丸市長」を公言していた田邉介三さんは、安芸高田市議会での一般質問が「石丸市長へのアシストが素晴らしすぎる」とネット上で大きな話題に!

田邉介三さんは安芸高田市の一般質問の場であえてその時々に話題になっていることを直球で石丸市長に聞くスタイルをとっています。

石丸市長が思う存分に持論を展開できるように田邉介三さんが誘導しているかのような様子には、ネット上から「ナイスアシスト過ぎる!」と絶賛されています。

 

◆2022年6月15日の安芸高田市定例議会の一般質問で「居眠り議員」について質問

 

◆2023年9月13日の安芸高田市定例議会の一般質問で「切り抜き動画」について質問

 

安芸高田市の市議会は反石丸市長の議員(主に清志会メンバー)が目立っていますが、田邉介三さんのように親石丸市長派として頑張っている議員さんもいるんですね!

農業大学校出身で農家という田邉介三さんですが、さまざまな役職(PTA会長や青年団会長など)を経験してきただけあって話し方がとても上手です。

 

今後はこうした親石丸市長派の議員さんにも注目が集まっていくと思いますので、ますます安芸高田市の石丸市長や市議会からは目が離せなさそうですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は「田邊介三の大学はどこ?その他学歴経歴や石丸市長へのアシストがナイス」と題してお送りしました。

安芸高田市の市議会議員・田邉介三さんの出身大学は広島県立農業大学校です。

2年間農業大学校の果樹コースで学んだ田邉介三さんは、卒業後2年間臨時職員で農業大学校に勤めた後に実家の父親が経営する梨と水稲の農園で働き始めます。

 

結婚して子供が生まれてからは、

  • PTA会長
  • 農業の青年団体の会長
  • 行政委員会の委員

 

と、さまざまな役職を経験して市政と関わる機会を持っていき、2020年に安芸高田市の市議会議員・選挙に出馬して初当選。

親石丸市長派として2022年には会派「シセイクラブ」を発足し、安芸高田市の市議会の一般質問の場では石丸市長が意見を述べやすいように質問する姿が「ナイスアシスト過ぎる!」と大絶賛されています。

 

 

【安芸高田市】関連記事まとめはこちら

 

スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました