スポンサーリンク

田中信幸(製炭士)の経歴学歴まとめ!炭の販売場所や通販はある?

当サイトには、プロモーションが含まれています

『人生の天国』に製炭士の田中信幸さんが出演されます。

田中信幸さんは脱サラして製炭士になった異色の経歴の持ち主。

これまでどんな経歴や学歴などを歩んできたのかが気になりますね。

また、田中信幸さんは世界一の炭の名産地・和歌山県田辺市で修行された方で、テレビでとりあげられるほどの職人さん。

製作した炭はきっと素晴らしいものに違いないので、炭が販売されている場所や通販はあるのかも気になるところ!

 

そこで今回は、

  • 田中信幸(製炭士)の経歴
  • 田中信幸(製炭士)の学歴
  • 田中信幸の炭の販売場所や通販はある?

 

についてお送りします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

田中信幸(製炭士)プロフィール

まずは製炭士の田中信幸さんのプロフィール情報をお伝えします。

 

引用:人生の楽園より 田中信幸

 

名前 田中信幸(たなかのぶゆき)
年齢 47歳
出身/在住 栃木県壬生町/栃木県下野市
職業 製炭士
家族 妻(純子さん)

 

田中信幸さんは栃木県下野市で製炭士(せいたんし)として働く方です。

製炭士とは炭を生産する炭焼き職人のこと

田中信幸さんは地元の山から木を伐採する権利を買って炭を生産していて、主に白炭、黒炭、備長炭を生産されています。

 

  • 黒炭:黒炭は着火しやすい。熱量が高いので茶道での湯沸かし等に好まれる。
  • 白炭:持続性のある炎が特徴。遠赤外線効果で特に焼き料理に適している。

 

特に田中信幸さんは、故郷の栃木県のナラの木で作る白炭づくりにこだわりを持っています。

 

炭には様々な種類があるが、信幸さんがこだわるのは故郷・栃木のナラの木で作る白炭。

引用:KSB5chより 製炭士・田中信幸

 

\製炭士についてのインタビュー動画はこちら/

 

では次に、田中信幸さんの経歴をご紹介します。

 

田中信幸(製炭士)の経歴

製炭士の田中信幸さんの経歴はこちらです。

 

  • 20代にワーキングホリデーでニュージーランドに渡り、牧場などで働く
  • 帰国後は酪農機械の会社に勤め、そこで出会った妻(純子さん)と結婚
  • 自然に触れる仕事への憧れから、妻の提案で2人で炭焼きを始める
  • 「紀州備長炭発祥の地」和歌山県田辺市に家族で移住し、1年間炭焼きを学ぶ
  • 2019年に故郷の栃木県にUターンし、下野市の中古住宅を借りて敷地内に本格的な炭焼き窯を製作
  • 2023年2月からナラの白炭づくりをスタートさせる

 

引用:「下野市自然に親しむ会」Youtube

 

サラリーマン時代~製炭士へ

栃木県壬生町に生まれた田中信幸さん。

20代にワーキングホリデーでニュージーランドに渡って牧場などで働いた経験から帰国後は酪農機械会社に就職し、職場で出会った順子さんと結婚します。

「自然に触れる仕事がしたい」とかねてより憧れを抱いていた田中信幸さんは、和歌山県で製炭窯を見た時のスケールの大きさと製炭業が産業として根付いていることに驚き、妻の「2人でやってみよう」という提案のもと、脱サラして炭焼き(製炭士)の道へと進みます。

和歌山県田辺市は『紀州備長炭発祥の地』といわれ、世界でも最も製炭が盛んな場所であり、なおかつその品質は間違いなく世界一といわれています。

そんな場所に家族で移住した田中信幸さんは夫婦で1年間炭焼きを学び、その後に独立します。

 

故郷の栃木県にUターンして白炭作り

田中信幸さんは移住先の和歌山からたまに地元に帰省した際、荒れた雑木林のナラの木が気になったそうです。

そこで「ナラの木で白炭を作れないか」と考えた田中信幸さんは2019年に家族で栃木県にUターンし、下野市の中古住宅を借りて敷地内に本格的な炭焼き窯を家族で製作。

そして2023年2月より、ナラの木を使った白炭づくりをスタートさせました。

 

引用:「下野市自然に親しむ会」Youtube

 

 

もん
もん

田中さんの今後の目標は、自身が作る白炭や備長炭を「紀州備長炭」に負けないほどの栃木県下野市の名産品にすることだそうです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

田中信幸(製炭士)の学歴

田中信幸さんの学歴を調べたところ、残念ながら詳しい情報は見つかりませんでした。

ただ、田中信幸さんは20代でワーキングホリデーでニュージーランドへ渡っている経験をお持ちなので、英語力は相当にあった可能性が考えられます。

もしかしたら大学は英語系の学科に通っていたのかもしれませんね。

 

 

 

もん
もん

また田中信幸さんの詳しい学歴などがわかりましたら追記していきます。

 

スポンサーリンク

田中信幸の炭の販売場所や通販はある?

製炭士の田中信幸さんが制作する炭の販売場所やオンライン通販などがあるのか調べてみました。

残念ながら詳しい情報は見当たりませんでしたが、栃木県特用林産協会という栃木県の特用林産物(きのこ、木炭、竹、わさび)の生産者団体を発見。

もしかしたら、こちらの団体が田中信幸さんの炭に関する情報を教えてくれるかもしれません。

 

栃木県特用林産協会Facebook

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は「田中信幸(製炭士)の経歴学歴まとめ!炭の販売場所や通販はある?」と題してお送りしました。

 

田中信幸さんの経歴は、サラリーマンを経て製炭士となっています。

田中信幸さんは20代にワーキングホリデーでニュージーランドに渡り、牧場などで働いた経験から帰国後は酪農機械の会社に勤めます。

そこで出会った妻(純子さん)と結婚し、自然に触れる仕事への憧れから妻の提案で2人で炭焼きを始めます。

田中信幸さん一家は「紀州備長炭発祥の地」和歌山県田辺市に家族で移住し、1年間炭焼きを学んだ後に独立。

2019年に故郷の栃木県にUターンし、下野市の中古住宅を借りて敷地内に本格的な炭焼き窯を製作し、2023年2月からナラの白炭づくりをスタートさせました。

 

残念ながら田中信幸さんの詳しい学歴は不明です。

 

田中信幸さんの炭が販売されている販売場所やオンライン通販があるのか調べたところ、詳しい情報は見つかりませんでした。

ただ、栃木県特用林産協会という栃木県の特用林産物(きのこ、木炭、竹、わさび)の生産者団体を見つけましたので、もしかしたらこちらの団体が田中信幸さんの炭に関する情報を教えてくれるかもしれません。

 

 

 

 

スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました