スポンサーリンク

三遊亭円楽の若い頃は男前!現在までの経歴学歴プロフィールも!

当サイトには、プロモーションが含まれています

人物

落語家の三遊亭円楽さんが72歳で死去されました。

三遊亭円楽さんは歌丸師匠をいじりまくっている姿が印象的な方ですが、若い頃から二枚目で男前として有名な方もありましたよね!

実は三遊亭円楽さん、とっても頭が良くて秀才だったってご存じでしょうか?

過去には国税庁からも表彰されていて、どんな経歴をお持ちなのかも気になりますよね!

そこで今回は、

  • 三遊亭円楽の若い頃は男前!
  • 三遊亭円楽の現在までの経歴は?
  • 三遊亭円楽の現在までの学歴は?
  • 三遊亭円楽の経歴プロフィールは?

 

についてお送りします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

三遊亭円楽の若い頃は男前!

三遊亭円楽さんは現役バリバリで笑点に出演している頃も2枚目なハンサムなお顔立ちですよね。

しかし、若い頃をみてみるとさらに男前なことが判明しました!

では、若い頃のお写真を見ていきましょう。

 

左:Twitter掲載 三遊亭円楽の若い頃
右:芸トピ掲載 三遊亭円楽の息子

 

20~30代くらいのお写真でしょうか?
ぱっちりとした二重が印象的の男前な三遊亭円楽さんですね!

実は三遊亭円楽さん似は息子(会一太郎)さんがいるのですが、若い頃の三遊亭円楽と比べると雰囲気がよく似ていますね!

 

もん
もん

鼻とか目元がそっくり!

 

続いては、「暴れん坊将軍」に出演し俳優として活躍している40代頃の三遊亭円楽の画像です。

 

引用:Twitter掲載 三遊亭円楽の「暴れん坊将軍」出演シーン

 

ちょんまげ姿も男前ですね!

こちらは「暴れん坊将軍PARTⅦ」第12話で、三遊亭円楽さん扮するめ組の小頭卯之吉と、父親役の桂歌丸師匠の掛け合いがなんとも面白いシーンでした。

 

引用:文化放送掲載 三遊亭円楽

 

こちらは50代くらいの頃の三遊亭円楽さんです。

黒い肌によく似合った私服姿が男前ですね!

まだまだ若い頃と比べてもイケイケな感じが衰えていませんね。

 

引用:アサ芸+掲載 三遊亭円楽

 

最後は4年前の2018年の三遊亭円楽さんです。

若い頃の写真ではありませんが、やっぱり男前すぎますよね。

いつまでも若々しくて男前な三遊亭円楽さんは二枚目な落語家として多くの人に愛されました。

 

 

三遊亭円楽の現在までの経歴は?

三遊亭円楽さんの現在までの経歴はこちらです!

 

1950年(昭和25年)2月8日 東京都墨田区に生まれる
1970年4月 青山学院大学在学中に5代目三遊亭圓楽の鞄持ちのアルバイトに志願。付き人を経てスカウトされ入門し、大師匠6代目三遊亭圓生の命名により「楽太郎」を名乗る
1972年3月 青山学院大学法学部卒業
1976年7月 二ツ目に昇進
1977年8月28日 6代目三遊亭圓窓の後任として『笑点』レギュラーとなる
1979年1月 放送演芸大賞最優秀ホープ賞受賞
1981年1月 若手落語家努力賞受賞
1981年3月 真打昇進
2010年3月1日 三遊亭楽太郎から「六代目三遊亭圓楽」を襲名
2017年6月 落語芸術協会に客員として加入

 


 

三遊亭円楽さんは、大学生という若い頃からカバン持ちから落語家人生をスタートさせます。

その後約半世紀の落語家人生を歩み、数々の功績を残しました。

 

また、三遊亭円楽さんにはたくさんのお弟子さんがいるのは有名ですね。

今は落語家ではありませんが、タレントの伊集院光さんが三遊亭円楽さんのお弟子さんだったのは有名な話です!

 

引用:Twitter掲載 三遊亭円楽と伊集院光

 

2021年6月に、約30年ぶりに伊集院光さんが高座復帰して三遊亭円楽さんとで開催した公演は大きな話題になりました。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

三遊亭円楽の現在までの学歴は?

三遊亭円楽の現在までの学歴はこちらです。

  • 墨田区立両国中学校
  • 東京都立深川高等学校
  • 青山学院大学法学部

 

墨田区立両国中学校

三遊亭円楽さんの現在までの学歴を調べたところ、出身中学校は墨田区立両国中学校ということがわかりました。

 

 

三遊亭円楽さんは墨田区出身で、中学校が墨田区立両国中学校ということはこのあたりが実家がある地元だったのでしょう。

墨田区立両国中学校のすぐ近くには両国国技館も!

三遊亭円楽さんは若い頃から相撲などの日本文化に触れていたのかもしれませんね。

 

墨田区立両国中学校時代の同級生には、元プロレスラーで元力士の天龍 源一郎さんがいます。

お2人は大変仲が良かったそうですよ。

 

東京都立深川高等学校

三遊亭円楽さんの現在までの学歴を調べたところ、出身高校は東京都立深川高等学校ということがわかりました。

 

 

東京都立深川高等学校は偏差値58で、東京都の公立高校では上位に入る高校です。

三遊亭円楽さんは若い頃から頭がよかったのですね!

 

東京都立深川高等学校の有名な卒業生には、他にもこちらの方がいます。

 

  • 五月みどり(女優)
  • 前田祐二(ショールーム株式会社社長)

 

 

青山学院大学法学部

三遊亭円楽さんの現在までの学歴を調べたところ、出身大学は青山学院大学法学部ということがわかりました。

 

 

引用:Twitter掲載 青山学院大学法学部

 

青山学院大学法学部の偏差値を調べてみたところ、 偏差値57.5~62.5ということがわかりました。

 

もん
もん

三遊亭円楽さんは青学の法学部卒なんて、相当頭がよかったんですね!

なんでも「軽い気持ちで受けたら受かっちゃった」とのことです。

 

三遊亭円楽さんは法学部卒業をしているためか、意外過ぎる経歴もお持ちなんです。

 

  • 1980年:税務大学校講師小宮山隆と税金関連の著書を出版
  • 1992年:国税庁長官表彰

 

三遊亭円楽さんは母校愛にもあふれていた方で、青山学院大学に関するこんなエピソードもあるんですよ。

 

2015年1月1日に放送された『笑点』正月特番では、女性アナウンサーとの大喜利コラボ企画で「青山頑張れ!」と母校の青山学院大学陸上部を応援し、翌日開催された箱根駅伝において、青学陸上部は完全優勝を果たした。これに2区を走った一色恭志が、感謝のツイートを上げている。

引用:Wikipedia掲載 三遊亭円楽

 

 

青山学院大学法学部の有名な卒業生を調べてみたら、こちらの方々が卒業生と判明しました。

 

  • 蓮舫(元内閣府特命担当大臣・元タレント)
  • 川上洋平(ミュージシャン(Alexandros))
  • ステファニー(歌手、俳優)
  • 加藤シゲアキ(アイドル歌手「NEWS」)
  • 高木毅(復興大臣・衆議院議員)
  • 三崎幸恵(アナウンサー)
  • 谷村奈南(歌手)
  • 田淵裕章(アナウンサー)
  • 本仮屋リイナ(アナウンサー) 等

 

 

スポンサーリンク

三遊亭円楽の経歴プロフィールは?

若い頃から男前な三遊亭円楽さんのプロフィールはこちらです。

 

落語名、別名 三遊亭円楽
三遊亭 楽太郎(旧名)
立川 談次郎
本名 會 泰通(あい やすみち)
生年月日 1950年2月8日(72歳没)
出身地 日本・東京都墨田区
師匠 五代目三遊亭圓楽
弟子
  • 三遊亭楽生
  • 三遊亭楽京
  • 三遊亭楽市
  • 三遊亭楽大
  • 三遊亭一太郎
  • 三遊亭楽天
  • 三遊亭楽八
  • 三遊亭楽㐂
  • 三遊亭楽花山
  • 三遊亭楽太
所属 オフィスまめかな
職業 落語家、俳優
好きな物 プロレス
肩書
  • 栃木・中央福祉医療専門学校客員教授
  • ハワイ・オアフパークゴルフ協会名誉顧問
  • 代々木アニメーション学院学院長に就任(後に経営危機で離脱)

出典:Wikipedia 三遊亭円楽

 

引用:Twitter掲載 三遊亭円楽

 

落語家として有名な三遊亭円楽さんは若い頃から秀才だったためか、教育分野でも活躍されていたようです。

 

 

もん
もん

教育分野での肩書がバラエティに富んでいて凄いですね!

 

 

笑点での歌丸師匠のいじりが有名だった三遊亭円楽さん。

憎み切れないかわいいやつ」としてお茶の間で愛された落語家でしたね。

 

 

亡くなる直前の2022年8月21日まで笑点に出演し続けたその姿は、多くの日本国民の心に残っていることでしょう。

 

 

若い頃から親交が深かった落語家の桂ざこばさんも、三遊亭円楽さんの早すぎる死を悼んでいます。

 

「突然の悲しい知らせにとても驚き、大きなショックを受けています。若いときは楽屋や酒の席で落語談議はもちろん、カジノの話などで盛り上がりました。私が脳梗塞(こうそく)になってからはしょっちゅう電話で励ましてくれ、背中を押してくれる気配りのできる人で大好きでした。とてもさみしい気持ちです」

引用:Yahoo!ニュース掲載 桂ざこば、三遊亭円楽の死を悼む

 

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は「三遊亭円楽の若い頃は男前!現在までの経歴学歴プロフィールも!」と題してお送りしました。

三遊亭円楽さんは若い頃から男前で有名な方で、同時にとても頭がいい方だったということがわかりましたね。

笑点では歌丸師匠をいじっているシーンが有名で、歌丸師匠亡きあとはご自身も病気がちでした。

しかし、晩年は闘病しながらも落語の高座に立ち続け、その姿には多くの人が勇気と感動をもらいました。

 

今後は静かに天国で休み、また、向こうで待っている歌丸師匠と楽しくやってほしいですね。

三遊亭円楽さん、長い落語家人生お疲れ様でした。

 



スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました