スポンサーリンク

先川和幸の経歴は?賄賂事件や居眠り・ブーメラン返しが痛すぎる

当サイトには、プロモーションが含まれています

安芸高田市の市議会議員の先川和幸(さきかわかずゆき)さんは、現在4期目の任期を務めています。

4期も務めているとどんな経歴をお持ちなのかが気になりますね。

 

調べたところ、安芸高田市の市議会議長を4年も務めたという華々しい経歴を持つ半面、賄賂事件関与というとんでもない経歴が明らかに。

さらに安芸高田市の石丸市長から”居眠り議員”ということをネット上にバラされたり、石丸市長を追い込むつもりが逆にブーメラン返しにあって痛い思いをするという何とも情けない事態にも陥っているようです。

 

ネット上で大きな話題になっている安芸高田市の市議・先川和幸さんんついて徹底調査してみました。

 

そこで今回は、

  • 先川和幸の経歴は?
  • 先川和幸の賄賂事件とは?
  • 先川和幸の居眠りがヤバい
  • 先川和幸のブーメラン返しが痛すぎる

 

についてお送りします。

 

当サイトでは安芸高田市の石丸市長・中国新聞・安芸高田市議会議員に関係する記事を多数掲載中!

こちらから関連記事まとめページに飛ぶことができます。

また、当記事の最後にもまとめページに飛ぶことができるむらさき色のボタンがあります。

記事を読み進めてからもまとめページに飛ぶことができるので安心してくださいね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

先川和幸の経歴は?

安芸高田市の市議・先川和幸(さきがわかずゆき)さんの経歴はこちらです。

プロフィールと併せてお伝えしていきますね!

 

2008年 61歳 11月18日の安芸高田市議会選挙に出馬して第11位で初当選。
2012年 65歳 11月18日の安芸高田市議会選挙で2選を目指して立候補し、2期目の当選を果たす。
2016年 69歳 11月13日の安芸高田市議会選挙で3選を目指して立候補し、3期目の当選を果たす。安芸高田市の市議会議長に就任。
2020年 73歳 ◆7月17日に河井克行氏からの賄賂事件に関与した責任を取り辞職
◆11月15日の安芸高田市議会選挙で4選を目指して立候補し、4期目の当選を果たす。

 

引用:安芸高田市議会議員名簿より

 

先川和幸さんは2008年の安芸高田市の市議会選挙に初めて立候補し、立候補者25人中第11位で初当選を果たします。

その後2012・2016年に行なわれた4年に1度の安芸高田市の市議会選挙では2・3期目の当選を果たし、2016年からは安芸高田市の市議会議長に就任します。(2020年まで)

 

もん
もん

議長を4年も務めていたということは、他の議員からの信頼がかなり厚いことがわかりますね。

 

しかし2020年6月、2019年の衆院選挙の際に河井克行氏から安芸高田市の市長や議員(先川和幸、水戸真悟、青原敏治)が賄賂を受け取っていたことが発覚。

賄賂を受け取った責任を取って先川和幸さんは7月17日に安芸高田市の市議を辞職しました。

 

しかし、その約4か月後に行なわれた安芸高田市の市議会議員選挙になんと先川和幸さんは出馬!

18人中10位で4期目の当選を果たします。

 

当選後に安芸高田市選挙管理委員会から当選証書を受け取った際、先川和幸さんは記者からコメントを求められても「関係ない、言ようるじゃないか」と回答を拒否。

さらに問い詰めた記者に対して「今わしを蹴ったろうが」「すな、お前、近くで」と威嚇するなど、4期目の任期開始は波乱の幕開けで始まったようです。

 

もん
もん

賄賂事件で辞職したのにそのあとすぐにまた選挙に出馬したことに関しては、「市民からの後押しで出馬した」と河合克行被告の第28回公判の際に話しています。

 

-もう1回立候補しようと思ったのはなぜか。

-私1人で議会に出られない。支持者があって出ている。地元の人、後援会の人にありていの話をすると、わしらも頑張るけえ、頑張ろうと言われました。マスコミをはじめ自宅に電話がかかってきた。市はろくなことにならないと。どうしようかと考え、熟慮の上、やり残した仕事もあるので決断した。

引用:中国新聞より 先川和幸の証言

 

 

名前 先川和幸(さきかわかずゆき)
年齢 76歳
職業 農業
当選回数 4回
所属会派 清志会

 

次に先川和幸さんが関与した賄賂事件について詳しく見ていきましょう。

 

 

 

先川和幸の賄賂事件とは?

安芸高田市の市議・先川和幸(さきがわかずゆき)さんが関わったとされる元法務大臣の河井克行氏からの賄賂事件を簡単にまとめるとこのような感じです。

 

◆2019年の衆院選に河井克行氏の妻・河合案里氏が広島県選挙区から初出馬。夫の河井克行氏が現金をばらまいて広島県の公職者94名に票の取りまとめを依頼する。
◆2020年6月18日、公職選挙法違反(買収)の罪で河井夫妻が逮捕
◆2020年6月24日、安芸高田市の浜田一義市長が賄賂を受け取ったことを認める
◆2020年6月24日、安芸高田市の議員(先川和幸、水戸真悟、青原敏治)も賄賂を受け取っていたことを認める
◆2020年7月3日、安芸高田市の浜田一義市長が辞任
◆2020年7月17日、安芸高田市の議員(先川和幸、水戸真悟、青原敏治)も辞任

 

 

引用:安芸高田市広報より 先川和幸

 

先川和幸さんは受け取った賄賂(20万円)に関し、

 

「返そうと思ったがタイミングがなかった」

「賄賂はもらったけど気持ち悪いから中身を入れ替え、議長室の机の中に入れて使ってなかった」

 

と主張しています。

 

 

もん
もん

返すタイミングがなかったから持っていた、中身は新札の20万から入れ替えたけど使っていないって…。ちょっと意味不明すぎますね。辞職後にすぐまた市議選に出馬して議員の経歴を続けているのも、かなりメンタルが凄いですよね。

 

安芸高田市の石丸市長からも議会の場で「しょうもない言い訳」と、バッサリ言われている始末です。

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先川和幸の居眠りがヤバい

安芸高田市の市議・先川和幸(さきがわかずゆき)さんは賄賂事件で一躍有名になりました。

実はその後、2023年6月に石丸市長のTwitter投稿で居眠りしていたことをばらされてしまい、”居眠り議員”としても名を馳せることに。

 

引用:ヤフーニュース掲載 石丸市長

 

 

もん
もん

なんと居眠りを指摘されると「目を閉じとって何が悪いんだ」と逆ギレ!これはヤバすぎます…。

 

こうしたやり取りが話題となり、先川和幸さんは恥ずかしい経歴の1つとして”居眠り逆ギレ事件”が追加されてしまったようですね。

Twitter上でも先川和幸さんは”居眠り議員”として認知されています。

 

 

 

 

スポンサーリンク

先川和幸のブーメラン返しが痛すぎる

安芸高田市の市議・先川和幸(さきがわかずゆき)さんは、石丸市長と市議会でバトルを繰り広げている議員でもあります。

しかし石丸市長を追い込むつもりが、まさかの自分が追い込まれるという特大ブーメランを食らうという痛い結果に終わったことも

 

◆2022年の「広島県内陸部振興対策協議会」の通常総会に石丸市長が出席していなかったことを先川和幸さんが指摘
→「地方都市が県に抱えている課題・要望を述べることができる場なのに行かないのはおかしい!」という主張
◆石丸市長は別の仕事があったため欠席をした
→総会と要望の場は違うと明言
◆2019年に先川和幸さんが安芸高田市の市議会議長を務めていた際に、広島県内陸部振興対策協議会の要望の場に行かなかったことを逆に石丸市長から「なぜ行かなかったの?」と問われる
→特大ブーメランに「私が欠席したことは別にして…」とあやふやな回答に陥る

 

 

賄賂事件に始まり、居眠り、特大ブーメラン返し。

先川和幸さんは本当にネタが付きない人物だと話題です(笑)

 

もん
もん

来年2024年には安芸高田市の市議選がありますが、ここまでいろいろあり過ぎると次の5期目の市議経歴続行はちょっと厳しそうな予感がしますね。

 

先川和幸さんは議長を4年も務めたという経験から、人をまとめる能力に長けた人物だと思われます。

今は”アンチ石丸市長”を掲げる「清志会」に所属して石丸市長とバチバチにやり合っていますが、先川和幸さんは安芸高田市議会ではベテラン議員という位置づけです。

おそらくこの2人がタッグを組んだらかなり議会運営はうまくいきそうな気がするので、安芸高田市の市民のためを思った仕事をしてもらいたいですね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は「先川和幸の経歴は?賄賂事件や居眠り・ブーメラン返しが痛すぎてヤバい」と題してお送りしました。

 

安芸高田市の市議・先川和幸さんの経歴はこちらを参照ください。

先川和幸さんは2019年に起こった河井克行氏賄賂事件に関わっていたことで一躍有名になりましたが、その後も議員辞職後すぐに選挙に出馬して当選しとさらに話題に。

 

安芸高田市の市議会で居眠りをしていたことを指摘されると「目をつむっていただけ」と逆ギレし、石丸市長を追い込もうと投げた攻撃がブーメランで自分に返ってきたりと、何かとネタに尽きない先川和幸さん。

来年2024年には安芸高田市の市議選がありますが、ここまでいろいろあり過ぎると次の5期目の市議経歴続行はOKを出してくれる市民はなかなかいないのではないでしょうか…。

 

 

【安芸高田市】関連記事まとめはこちら

スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました