スポンサーリンク

丸川トモヒロの現在は?これまでの経歴学歴や受賞歴についても調査!

当サイトには、プロモーションが含まれています

人物

漫画家の丸川トモヒロさんの現在はどうされているのか調べたところ、2024年1月25日にお亡くなりになっていたことがわかりました。

丸川トモヒロさんは現在までにどのような経歴や学歴を歩んできたのでしょうか?

また、これまでの漫画家としての受賞歴も気になります。

 

そこで今回は、

  • 丸川トモヒロの現在
  • 丸川トモヒロの経歴
  • 丸川トモヒロの学歴
  • 丸川トモヒロの受賞歴

 

についてお送りします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

丸川トモヒロの現在は?

漫画家・丸川トモヒロさんの現在を調べたところ、1月25日に虚血性心疾患のため53歳でお亡くなりになったことがわかりました。

丸川トモヒロさんのお亡くなりになった情報は掲載していた漫画雑誌『ヤングエース』のX(旧Twitter)にて報告されました。

 

 

丸川トモヒロさんの現在の情報を知ったファンからは、悲しみの声が上がっています。

 

 

 

丸川トモヒロのプロフィール

丸川トモヒロさんのプロフィール情報をお伝えします。

 

引用:ヤフーニュースより 丸川トモヒロ『成恵の世界』

 

名前(作家名) 丸川トモヒロ
生年月日 1970年9月5日
年齢 53歳没
出身 静岡県浜松市
職業 漫画家
代表作 『成恵の世界』

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

丸川トモヒロの経歴

丸川トモヒロさんの現在までの経歴はこちらです。

 

 

丸川トモヒロの経歴:1990年代~2000年前半

丸川トモヒロさんの経歴で、1990年代~2000年前半の経歴情報はこちらです。

 

1997年

月刊コミックビーム11月号にて読みきり掲載『かみさまのみみ』で商業誌デビュー。ファミ通PS12月19日号に『綱紀粛正バカモンガー』が読みきり掲載される。

 

1998年

月刊少年エース9月号に投稿した『マイティウイングス』が第5回エース新人漫画賞奨励賞を受賞。(掲載はなし)

 

1999年

月刊少年エース5月号にて『エンゼルリンク』が1年半振りに雑誌掲載される。

その翌号に『成恵の世界』1話が読み切りとして掲載されて好評を呼び、9月号に2話、12月号に3話、2000年1月号に4話が掲載される。

 

2000年

2月号より『成恵の世界』の5話から短期集中連載される。

『エース桃組』Vol.1にて『成恵の世界』の劇中作の『魔砲少女四号ちゃん』1話が掲載。

 

2001年

『成恵の世界』が本格連載開始。

『エース桃組』Vol.3にて『魔砲少女四号ちゃん』2話も掲載される。

 

2002年

腱鞘炎を発症し、本編の代わりに特別編として2月号に「告知劇場9月5日に生まれて!」が掲載される。

翌号は『エース桃組』にて掲載予定だった『魔砲少女四号ちゃん』3話を掲載し、同時期に『成恵の世界』がラジオ番組『カドカワ・サウンドシネマ』内にてラジオドラマ化。

 

2003年

『成恵の世界』 がアニメ化。単行本5巻まで累計50万部突破

 

引用:Wikipedia掲載 丸川トモヒロ

 

丸川トモヒロの経歴:2000年代後半~2020年代

丸川トモヒロの経歴で、2000年代後半~2020年代の経歴はこちらです。

 

もん
もん

2000年代後半からは体調不良を理由に休載が多くなっていた印象ですね。

 

2008年

少年エース同年12月号を掲載したのを最後に公式発表の無いまま長期休載。

 

2009年

少年エース2010年1月号にて1年1ヶ月ぶりに連載復帰。

 

2012年

少年エース2013年2月号をもって『成恵』の連載を終了・完結

 

2014年

ヤングエース5月号にて『魔砲少女四号ちゃん』が連載開始。

7月19日に『成恵の世界』で第45回星雲賞コミック部門を受賞

 

2017年

少年エ-ス8月号にて『けものフレンズ』のコミックアンソロジー作品に参加し掲載され、その作品は8月26日に発売された単行本『けものフレンズコミックアラカルト ジャパリパークその2』に収録された。

 

2018年

ヤングエース12月号をもって『魔砲少女四号ちゃん』が連載終了。

 

2024年

1月25日に虚血性心疾患のため亡くなる

 

引用:Wikipedia掲載 丸川トモヒロ

 

スポンサーリンク

丸川トモヒロの学歴

丸川トモヒロさんの現在までの学歴について調べたところ、残念ながら詳しい情報は見つかりませんでした。

丸川トモヒロさんは生前に「静岡県浜松市出身で男性」という事以外のプロフィール情報などは一切公表されていない、謎多き漫画家さんでした。

 

もん
もん

また丸川トモヒロさんの現在までの詳しい学歴が見つかりましたら、追記していきますね!

 

スポンサーリンク

丸川トモヒロの受賞歴

丸川トモヒロさんの現在までの受賞歴はこちらです。

 

  • 1998年:『マイティウイングス』で第5回エース新人漫画賞奨励賞
  • 2014年:『成恵の世界』で第45回星雲賞コミック部門受賞

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は「丸川トモヒロの現在は?これまでの経歴学歴や受賞歴についても調査!」と題してお送りしました。

漫画家・丸川トモヒロさんの現在を調べたところ、1月25日に虚血性心疾患のため53歳でお亡くなりになったことがわかりました。

これまでの経歴はこちらです。

  • 1997年:月刊コミックビーム11月号『かみさまのみみ』で商業誌デビュー。ファミ通PS12月19日号に『綱紀粛正バカモンガー』が読みきり掲載される。
  • 1998年:月刊少年エース9月号投稿の『マイティウイングス』が第5回エース新人漫画賞奨励賞を受賞。(掲載はなし)
  • 1999年:月刊少年エース5月号に『エンゼルリンク』が1年半振りに雑誌掲載。その翌号に『成恵の世界』1話が読み切りとして掲載されて好評を呼び、9月号に2話、12月号に3話、2000年1月号に4話が掲載される。
  • 2000年:2月号より『成恵の世界』の5話から短期集中連載される。『エース桃組』Vol.1にて『成恵の世界』の劇中作の『魔砲少女四号ちゃん』1話が掲載。
  • 2001年:『成恵の世界』が本格連載開始。『エース桃組』Vol.3にて『魔砲少女四号ちゃん』2話も掲載される。
  • 2002年:腱鞘炎を発症。本編の代わりに特別編として2月号に「告知劇場9月5日に生まれて!」が掲載。翌号は『エース桃組』にて掲載予定だった『魔砲少女四号ちゃん』3話を掲載。同時期に『成恵の世界』がラジオ番組『カドカワ・サウンドシネマ』内にてラジオドラマ化。
  • 2003年:『成恵の世界』 がアニメ化。単行本5巻まで累計50万部突破
  • 2008年:少年エース同年12月号を掲載したのを最後に公式発表の無いまま長期休載。
  • 2009年:少年エース2010年1月号にて1年1ヶ月ぶりに連載復帰
  • 2012年:少年エース2013年2月号をもって『成恵』の連載を終了・完結
  • 2014年:ヤングエース5月号にて『魔砲少女四号ちゃん』が連載開始。7月19日に『成恵の世界』で第45回星雲賞コミック部門を受賞
  • 2017年:少年エ-ス8月号にて『けものフレンズ』のコミックアンソロジー作品に参加し掲載。8月26日に発売された単行本『けものフレンズコミックアラカルト ジャパリパークその2』にも収録される。
  • 2018年:ヤングエース12月号をもって『魔砲少女四号ちゃん』が連載終了
  • 2024年:1月25日に虚血性心疾患のため亡くなる

引用:Wikipedia掲載 丸川トモヒロ

丸川トモヒロさんの学歴について調べたところ、残念ながら詳しい情報は見つかりませんでした。

丸川トモヒロさんの現在までの受賞歴はこちら。

 

  • 1998年:『マイティウイングス』で第5回エース新人漫画賞奨励賞
  • 2014年:『成恵の世界』で第45回星雲賞コミック部門受賞
スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました