スポンサーリンク

東京はどのくらいの雪で電車が止まる?新幹線が止まる確率は?

当サイトには、プロモーションが含まれています

東京の記録的な大雪で交通網への影響が心配されています。

東京はどのくらいの雪が降ると電車が止まるのでしょうか?

また、電車とあわせて気になるのが新幹線。

特に東海道新幹線は台風の際に事前に計画運休がとられることもあるので、今回の東京の雪の影響で新幹線が止まる確率について調べてみました。

 

そこで今回は、

  • 東京はどのくらいの雪で電車が止まる?
  • 東京の雪で新幹線が止まる確率は?

 

についてお送りします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京はどのくらいの雪で電車が止まる?

東京はどのくらいの雪で電車が止まるのか調べたところ、おおよそ5cm単位で状況が変わってくるようで、目安は積雪10cmで電車が止まる可能性が出てきます。

過去の雪による電車の遅延や運休事例を調べてみたところ、東急電鉄が雪の際の走行規制について公表していて、おおむね東京の在来線は同じような基準で運行していることが考えられます。

雪国では積雪があっても電車は通常運航しているのに東京の電車はわずかな積雪でも大幅にダイヤが乱れてしまう理由は、ダイヤが集中しているためにわずかな遅れが大幅なダイヤの乱れに繋がるようです。

 

東京の電車の止まる目安は”10cm”

東京の電車はどのくらいで影響があるのか調べたところ、おおよそ5cm単位の積雪で状況が変わってくるようで、電車が止まる目安は積雪10cmのようです。

 

  1. 5cm:通勤・通学に影響が出始める
  2. 10cm:東海道新幹線は徐行運転、在来線は15分遅れで運行
  3. 15cm:運転見合わせする路線が発生
  4. 20cm:ほとんどの路線が運転見合わせ

 

引用:ヤフーニュースより 東京の雪での交通網への影響

 

鉄道各社は各社で雪の際の基準を設けているみたいですが、おおむね過去の事例では、東京では5cm以上の積雪で鉄道のダイヤが乱れ始め、10cmを越えるとダイヤが麻痺して電車が止まる可能性がでてくるようです。

 

東京の積雪と電車の過去事例

過去に東京でどのくらいの積雪があったのか、またその際の電車への影響について調べたところ、3つの過去事例を発見しました。

 

  • 2014年2月14日~15日:
    本州の南海上から関東地方へと低気圧が通過し、関東甲信地方で大雪となり、東海や近畿地方でもまとまった積雪となった。
  • 2018年1月22日:
    東京で23cmの積雪を記録。大雪により東京を中心とした首都圏の鉄道各社は通常より運転本数を減らして運行。帰宅時には激しい混雑・ダイヤの乱れでJRや多くの私鉄電車が運転見合わせや大幅遅延にみまわれた。
  • 2020年3月29日:
    東京で1センチの積雪を記録。この雪によりJRや私鉄の一部電車が運転見合わせ・遅延となった。

 

 

特に2014年に雪が降った際に東京西部で約30cmの積雪を観測した大雪では多くの電車が運転見合わせとなり、大幅な遅延によるダイヤの混乱が発生

またこの積雪により、東急東横線では停車中の電車にブレーキが利かなくなった後続電車が追突するという事故も発生しています。

 

【事故概要】

  • 発生日時:2014年2月15日(土)の午前0時30分頃
  • 場所:川崎市中原区の東急東横線元住吉駅構内(下り・2番ホーム)
  • 事故概要:停車していた渋谷発元町・中華街行きの下り普通電車(8両編成)に、後続の同じく渋谷発元町・中華街行き普通電車(8両編成)が追突。乗客計18人が打撲などの軽傷を負い、病院で治療を受けた。
  • 事故原因:大雪により車輪踏面と制輪子(ブレーキ装置の一部)に雪と油の混合物が付着し、ブレーキ力が著しく低下したことだと推測されている。

 

 

東京急行電鉄の雪の際の走行規制

2014年の大雪での事故発生を教訓に、東京急行電鉄株式会社では雪の際の走行に社内基準が設けられました。

 

[速度規制の実施]
・1時間に2cm以上若しくはそれに相当する降雪、又は積雪の深さが8cm 以上で、なお降り続くことが予想されるとき。又は早めのブレーキ操作により運転士等がブレーキ力不足を認めたときは、速度60㎞/h以下で運転する。

・1時間に3cm以上若しくはそれに相当する降雪、又は積雪の深さが11cm以上で、なお降り続くことが予想されるとき。又は前述の60km/h以下の速度規制中においても運転士等がブレーキ力不足を認めたときは、速度 40km/h以下(世田谷線は25km/h以下)で運転する。

[運転中止の実施]
降雪時において、前方の視認距離が200m以下となったとき、又は ブレーキ力に余裕がない等、運転の継続が困難であると思われるときは 運転を中止する。

 

 

もん
もん

単純に東京の雪の際の電車が止まる基準はどのくらい雪が積もるかだけでなく、視界の状況や風速、雪が積もるスピードなども関係しているようです。

 

おそらく東京を中心とした首都圏の他の電車でも、ほぼ同じような基準で雪の際の運行規制や止まる基準が設けられていると考えます。

 

東京の電車が雪で大混乱になるのはダイヤの過剰集中

雪国ではどのくらい雪が積もっても電車は通常運航しているのに、なぜ東京都心ではすぐに電車が止まったりダイヤが大混乱になってしまうでしょう?

調べたところ、東京の都心の電車は雪対策を行っていてもダイヤが過剰集中しているため、わずかな遅れが大規模なダイヤ乱れにつながるようです。

東京の電車でも雪対策として、さまざまな対策を講じていますが、それでも元々の電車の本数が多いため少量の雪でもダイヤが乱れたり止まる電車が出てしまうようです。

 

東京の電車が行っている雪対策例
①切り替えポイントに融雪装置の設置
②落ち葉や倒竹の除去
③除雪作業の体制強化
④運行列車数の調整

 

 

東京の雪による電車運休・遅延情報

東京の雪の影響でどの電車が止まるのか、また遅れが発生している情報については、こちらのNHKの発表している情報がかなり見やすいです。

 

首都圏の電車の運行情報一覧

どのくらい雪が降るのかについては、こちらのウェザーニュースサイトが便利です。

 

ウェザーニュースの首都圏一体の降雪情報

 

もん
もん

ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京の雪で新幹線が止まる確率は?

東京の雪の影響で新幹線が止まる確率について調べたところ、東京から発車する新幹線の止まる確率はこのような感じと予想されます。

 

  • 東北新幹線・上越新幹線:雪に強いため止まる確率は0
  • 東海道新幹線:速度を落としての走行となるものの、止まる確率はほぼ0

 

引用:ヤフーニュースより 東海道新幹線

 

実は東海道新幹線は元々雪対策が弱い電車でしたが、1964年の開業以来から対策や改良が重ねられてきました。

その結果東海道新幹線は、1994年以降の雪による運休本数は0を継続しています。

 

スプリンクラー、除雪車、情報機器、人力などを総動員した雪対策により、1976年度には年間635本を記録した雪による運休本数は、1994年度以降、ゼロを継続している。雪による平均遅延時分も、ピーク時(1974年度)の28.1分から5分程度まで大きく改善した。

引用:東洋経済オンラインより 東海道新幹線と雪

 

そのため今回の東京の雪の影響でも、東海道新幹線は遅れが発生している情報は出ていても、電車が止まるという情報は見当たりません。

 

■降積雪予報による遅れ見込みについて(2月6日 0時00分現在)■
東海道新幹線は、本日(2月6日)、関東地方で昨日から引き続き降積雪の予報があるため、天候等の状況により速度を落として運転し、遅れが発生する場合があります。

引用:JR東海公式サイトより 東海道新幹線の現在の状況

 

つまり、東京を発着する新幹線は雪が降っても止まる可能性はまず考えられません。

 

もん
もん

最近は台風などの影響で計画運休などが発生していますが、雪による影響で止まる確率は0と言い切っても問題ないと思われます。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は「東京はどのくらいの雪で電車が止まる?新幹線が止まる確率は?」と題してお送りしました。

東京が雪による影響で電車が止まる目安はこちらです。

 

  1. 5cm:通勤・通学に影響が出始める
  2. 10cm:東海道新幹線は徐行運転、在来線は15分遅れで運行
  3. 15cm:運転見合わせする路線が発生
  4. 20cm:ほとんどの路線が運転見合わせ

 

東京の雪の影響で新幹線が止まる確率について調べたところ、東京から発車する新幹線は、東北・上越新幹線は雪に強いんでまず止まる確率は0。

また東海道新幹線はに関しても速度を落としての走行となるものの、1994年以降の雪による運休本数は0を継続しているため、東京の雪で止まるという確率はまずないと思われます。

 

スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました