スポンサーリンク

高野秀行の妻の画像は?馴れ初めや実家家族がすごすぎた

当サイトには、プロモーションが含まれています

人物

クレイジージャーニーで7年ぶりに登場するノンフィクション作家の高野秀行(たかのひでゆき)さん。

クレイジージャーニーに出演するほどなのでかなり変わった方のようですが…

高野秀行さんには結婚して妻がいます。

クレイジージャーニーと結婚するほどの方ですからどんな人か気になりますし、顔画像や馴れ初めなどが分かれば知りたいですよね。

また高野秀行さんの妻を詳しく調べてみると、実家家族にすごい経歴をお持ちの人たちが沢山いいることが判明!

高野秀行さんの妻に実家家族についてもご紹介いたします。

 

そこで今回は、

  • 高野秀行の妻の画像は?
  • 高野秀行の妻の馴れ初め
  • 高野秀行の妻の実家家族がすごい!

 

について送りします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

高野秀行の妻の画像は?

高野秀行さんの妻は片野ゆかさんという方です。

顔画像はこちらになります。

画像引用:集英社より 片野ゆか

 

もん
もん

とっても美人な方ですね!

ではここからは高野秀行さんの妻について詳しくプロフィールや経歴などをご紹介していきます。

 

高野秀行の妻のプロフィール

高野秀行さんの妻・片野ゆかさんのプロフィールはこちらです。

  • 名前:片野ゆか(かたのゆか)
  • 生年月日:1966年5月
  • 年齢:57歳
  • 出身:東京都
  • 職業:ノンフィクション作家
  • 経歴:求人広告営業職 → フリーランスのライター
  • 学歴:
    東京大学教育学部附属中学校・高等学校
    東洋大学社会学部
  • 得意な取材分野:アジアの食文化、犬と人の生活全般、美容・健康など
  • 公式ブログ:片野ゆかのアジワンブログ

 

引用:東洋大学公式サイトより

 

高野秀行さんの妻の片野ゆかさんは、夫と同じノンフィクション作家です。

大学卒業後に求人広告の営業職を経たのち、フリーランスのライターとして独立。

2005年に著書『昭和犬奇人 平岩米吉伝』で第12回小学館ノンフィクション大賞を受賞し、以降も著書を出版し続けています。

片野ゆかさんの著書は犬に関するものが多くあります。

 

高野秀行さんの妻(片野ゆか)の著書
『天職図鑑』(黎明書房)、『旅する犬は知っている』(KKベストセラーズ)、
『犬が本当の「家族」になるとき』(講談社)、
『アジワン~ゆるりアジアで犬に会う』(ジュリアン)
『ダイエットがやめられない~日本人のカラダを追跡する』(新潮社)
『ポチのひみつ』(集英社)
『犬部!』(ポプラ社) ほか

 

 

高野秀行の妻は美人

高野秀行さんの妻・片野ゆかさんの画像を検索してみたところ、かなり美人な方であることがわかりました。

2023年現在57歳という年齢にはみえないその外見や素敵に着物を着こなしている姿には、きっと夫の高野秀行さんもメロメロなのでは…?

 

引用:片野ゆか公式ブログより

画像引用:アエラドットより 片野ゆか

画像引用:片野ゆかXより

 

高野秀行の妻は家事はやらない

実は高野秀行さんの妻・片野ゆかさんは家事をしないそうです。

つまり夫の高野秀行さんが主夫ということですね。

なんでも、結婚10年目に妻から「家事はもう飽きた」と言われたことで主婦と主夫を交代したんだそうです。

 

きっとお互いにノンフィクション作家ということで仕事の大変さが理解できるからこそ、こうして相手を思いやる行動ができるのでしょうね!

高野秀行さんが主夫になったことで夫婦げんかが極端に減ったとも明かしているので、高野秀行さん一家にとってはこのスタイルがベストのようです。

 

家では僕が主夫をしています。以前は妻(作家の片野ゆか)が家事をしていたのですが、あるとき妻から「家事はもう飽きた」と言われて、結婚10年目に全面的にチェンジしたんです。家事は大変だけど、僕がするようになって夫婦の諍いが極端に減りましたね。それまでいかに私が妻に負担をかけていたか、やっとわかりました。

引用:プレジデントオンラインより 高野秀行

 

高野秀行さんと妻は家計はワリカン制

高野秀行さんと妻はともにノンフィクション作家で仕事をされているので、夫婦の家計は”完全ワリカン制”にされているようです。

高野秀行さんいわく「すごくお勧めの制度なのに実行している夫婦は聞いたことがない。」んだとか(笑)

 

うちは完全割り勘制。毎月の終わりにそれぞれが持っている食費などのレシートを出して、足して二で割る。少なく出していたほうが多く出したほうにお金を渡して終わり。

引用:「書いてくらす 第8回 高野秀行」より

 

高野秀行の妻は犬が大好き

高野秀行さんの妻は著書に多くの犬関係のものがあり、自身も犬好きを公言しています。

高野秀行さんの自宅では茨城県動物指導センター(保健所)から引き取った「マド」というメスの犬を飼っています。

 

画像引用:朝日新聞より 片野ゆか

 

 

高野秀行さんの妻は動物(特に犬)に関する功績がみとめられ、2021年には故・川島なお美さんの遺言に基づいて創設された「川島なお美動物愛護賞」を受賞されています。

 

高野秀行と妻の間に子供はいない

高野秀行さんと妻の片野ゆかさんの間には、子供はいません。

おそらく、お2人ともノンフィクション作家で世界中を自由に旅する生活をされています。

子供がいると100%自由に…とはいかないと思うので、あえて子供をつくらないという選択をされたのかもしれませんね。

 

もん
もん

だからこそ飼い犬のマドちゃんをを大切に可愛がっているのでしょう。

 

引用:片野ゆか公式ブログより

 

高野秀行の妻の馴れ初め

高野秀行さんと妻の馴れ初めを調べたところ、お互いにノンフィクション作家ということから仕事を通じて出会ったのではないかと推測します。

おそらく2005年以前には結婚されていたことが判明し、結婚した際は結婚式などはあげずに引っ越しをしただけということもわかりました。

 

引用:片野ゆかブログより

 

高野秀行と妻は結婚20年近い

高野秀行さんと妻の片野ゆかさんは、片野ゆかさんが2005年に小学館ノンフィクション大賞を受賞した際のエピソードですでに夫婦として一緒にいたことが高野秀行さんのX投稿より判明。

このことから、高野秀行さんと妻が結婚したのは2005年以前ということがわかりました。

 

 

高野秀行と妻の結婚は”あっさり”な感じ

高野秀行さんと妻が結婚した際、結婚式などはあげずに引っ越しをしただけで終わったというエピソードが明らかに。

けっこうあっさりした馴れ初めですが、もしかしたら高野秀行さんのと妻は結婚した際はお互い仕事で忙しくて時間や余裕がなかったのかもしれませんね。

 

 

結婚後の夫婦仲は良好のようで、毎晩夫婦で晩酌をして楽しく過ごされているようです。

 

ワイン、ビール、日本酒、焼酎など食事に合う酒なら何でも飲むよ。早めに切り上げようと思っても、向こう(奥さんで作家の片野ゆかさん)がまだ飲んでいたりするのでなかなか終わらない(笑)。

引用:「書いてくらす 第8回 高野秀行」より

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高野秀行の妻の実家家族がすごい!

高野秀行さんの妻の実家家族にすごい人物が沢山いることがわかりました。

高野秀行さんの妻の実家家族はこちらです。

 

高野秀行の妻の実家家族

  • 姉:高橋ゆり(ミャンマー研究者・翻訳者)
  • 義兄:マイク・ノック(ニュージーランド生まれ・オーストラリアで活躍するジャズ・ピアニスト)
  • 母方の伯父:郷土史家の清雲俊元
  • 父:農芸化学系の研究者

 

高野秀行の妻の姉

高野秀行さんの妻の姉は高橋ゆりさんという方です。

 

画像引用:https://jazztokyo.org/monthly-editorial/monthly-editorial-yuh/post-31442/

 

職業はミャンマー文学研究者で、またミャンマーの古典歌謡を歌う歌手としても有名なんだとか。

また、高橋ゆりさんはシドニー大学で日本語を教えている先生でもあります。

 

高野秀行の妻の義兄

高野秀行さんの妻の義兄(高橋ゆりさんの夫)はマイク・ノックさんというジャズピアニストの方です。

 

画像引用:JAZZ TOKYOよ

 

マイク・ノックさんは1949年にニュージーランドで生まれ、オーストラリアで活躍するジャズピアニストの方です。

調べたところマイク・ノックさんは1987年のニュージーランドの音楽賞でジャズアルバムで賞を受賞。

ニュージーランドやオーストラリアではかなり有名なジャズピアニストの方のようです。

 

もん
もん

アマゾンで調べると10枚を超えるCDを出していることが判明!

高野秀行の母方の伯父

高野秀行さんの妻の母方の伯父は、郷土史家の清雲俊元(きよくもしゅんげん)さんという方です。

 

画像引用:山梨日日新聞より

 

調べたところ、清雲俊元さんは現在山梨郷土研究会理事長を務めていることがわかりました。

数多くの著書も出版されていて、山梨県の郷土研究の間ではかなり有名な方と推測します。

 

清雲俊元の著書(一例)

  • 『富士山世界遺産登録へのみちのり : 明日の保全管理を考える』
  • 甲斐善光寺 : 浄土宗
  • 浄土宗甲斐善光寺

 

 

高野秀行の妻の父

高野秀行さんの妻の父は、農芸化学系の研究者だったそうです。

新聞のインタビューで「父の大学の文化祭に行くと」と答えていることから、父親は大学に勤めていた研究者ということがわかります。

 

ただ、両親も動物が大好きで、父が農芸化学系の研究者だったこともあり、生き物にふれる機会は多かったのです。

引用:毎日新聞より 片野ゆかインタビュー

 

高野秀行さんの妻は父親が農芸化学系の研究者だったということから。幼い頃より動物と触れ合う機会が多かったそうです。

現在ノンフィクション作家で特に犬に関して著書を出しているのは、幼少期の生い立ちが関係しているのかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は「高野秀行の妻の画像は?馴れ初めや実家家族がすごかった!」と題してお送りしました。

 

高野秀行さんの妻は同じくノンフィクション作家の片野ゆかさんです。

顔画像を調べたところ、かなり美人な方であることがわかりました。

馴れ初めに関しては、おそらくノンフィクション作家という同じ職業であることから仕事関係で出会ったことが推測されます。

結婚した際には結婚式などはあげず、引っ越しをしただけで終わった”あっさり婚”という感じですが、結婚後の夫婦仲は良好で、毎晩夫婦で晩酌をして楽しんでいるそうです。

また結婚10年目には主婦と主夫を交代し、現在は高野秀行さんが家庭内の家事担当なんだとか。

 

高野秀行さんの妻の実家家族を調べたところ、すごい人が沢山いることが判明しました。

 

高野秀行の妻の実家家族

  • 姉:高橋ゆり(ミャンマー研究者・翻訳者)
  • 義兄:マイク・ノック(ニュージーランド生まれ・オーストラリアで活躍するジャズ・ピアニスト)
  • 母方の伯父:郷土史家の清雲俊元

 

スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました