スポンサーリンク

高橋ちなりの現在は?入院してた理由や実は双極性障害だった?

当サイトには、プロモーションが含まれています

人物

大食いタレントの高橋ちなりさんの現在を調べたところ、2023年7月21日に亡くなったことが同じく大食いタレントの「もえあず」こともえのあずきによって告知されていたことが判明しました。

高橋ちなりさんは入院していた噂がありますがどんな症状で入院されていたのでしょうか?

また実は双極性障害(そううつ病)を患っていたことも判明?

高橋ちなりさんの亡くなる現在までについて調査してみました。

 

そこで今回は、

  • 高橋ちなりの現在は?
  • 高橋ちなりが入院してた理由は?
  • 高橋ちなりは実は双極性障害だった?

 

についてお送りします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高橋ちなりの現在は?

大食いタレントの高橋ちなりさんの現在を調べたところ、2023年7月21日にお亡くなりになったことがわかりました。

高橋ちなりさんの訃報は、同じく大食いタレントの「もえあず」こともえのあずきさんによって世間に公表されました。

 

 

もえあずさんは、「大食い仲間の高橋ちなりちゃんが2023年7月21日、永遠の眠りにつきました」と報告。「ちなりママのご意向で私からお伝えすることになりました」と訃報を伝えたいきさつを明かし、「きっと今ごろ天国で美味しく食べて飲んでいるはずですちなりんも読んでくれると思うのでお別れのメッセージを送ってあげてください」と高橋さんと大食い仲間の思い出写真を添えて呼びかけています。

引用:ヤフーニュース掲載 高橋ちなりが亡くなる

 

高橋ちなりの現在までの経歴

高橋ちなりさんの亡くなる現在までの経歴やプロフィールをご紹介します。

 

名前 高橋ちなり(高橋千成)
生年月日 1993年5月2日
年齢 30歳没
出身 島根県
身長/体重 163cm/40㎏
学歴 神田外国語大学
職業 大食いタレント、会社員
経歴
  • 2016年:『爆食女王新時代突入戦』出演
  • 2017年:『大食い女王決定戦2017』出演
  • 2020:『デカ盛りハンター』出演
  • 2021年:『最強大食い女王決定戦2021』出演
SNS 高橋ちなりTwitter

高橋ちなりInstagram

高橋ちなりYouTubeチャンネル

 

引用:ヤフーニュース掲載 高橋ちなり

 

高橋ちなりさんは1993年生まれの30歳で出身は島根県。

中学生の頃はカナダに留学していた経験があるそうで、英語力はかなりなもの!

大学は神田外語大学を卒業しています。

 

大学卒業後の現在は社会人5年目で会社員としてお仕事をされていました。

 

もん
もん

仕事は通訳翻訳をされていたんだとか!

 

また高橋ちなりさんは、母親が経営する『スナックななえ』でお手伝いをしていたこともわかっています。

母親とはとっても仲良しな様子がTwitterにも投稿されています。

 

 

高橋ちなりさんは「大食いタレント」としての顔を持ち、テレビで観たことがある方も多いと思われます。

 

その他にもユーチューバーとして活動をしていて、YouTubeチャンネルは3.95万人ものフォロワーがいました。

大食いタレントとコラボをしたり仲がいい様子もたびたびSNSで見られ、同業者からも愛されていた方だったことがよくわかります。

 

 

引用:Twitter掲載 高橋ちなりともえあず

 

もん
もん

近年は入院している様子を自身のSNSなどで公表していて、近況が心配されていましたね。

 

 

高橋ちなりが亡くなって世間の反応は?

高橋ちなりさんの現在を調べたところ、2023年7月21日にお亡くなりになったことがわかりました。

このニュースを知り現在世間では悲しみの声が相次いでいます。

 

 

また大食いタレントのますぶちさちよさんや、はらぺこツインズ・あこさんも高橋ちなりさんの亡くなったことに対してコメントを発表しています。

 

☆大食い仲間が追悼(いずれもTwitter[X]より)
◎ますぶちさちよさん
毎回美味しいご飯やお酒の話で盛り上がって、オススメを教え合ってた仲のちなりちゃん、、、驚きでまだ心の整理がつかないけど、でも、、天国でも沢山飲んで食べてね 心よりお悔やみ申し上げます。
◎はらぺこツインズ・あこさん
キラキラの笑顔でいつも優しく話しかけてくれたちなりん。心が温かくて、本当に優しくて会う度にマシンガントークして笑ってふざけて、楽しい思い出がたくさん。ずっとずっと大好きやよちなりん。私がそっちに行ったらまたたくさん笑って話して食べて飲もうね!心よりご冥福をお祈りします。

引用:BIGLOBE NEWS掲載 高橋ちなり

 

 

2023年の3月には高橋千生さんとコラボしたこともある、同じく大食いタレントの菅原初代さんもお亡くなりに。

相次ぐ大食いタレントの訃報にネット上では「大食いを煽るのはもうやめた方がいい」との声も上がっています。

 

SNSでは《そろそろテレビやYoutubeで、大食いネタ禁止にしたらいいのにね。観てても全然面白くないし、身を削ってまでさせる事じゃない》《亡くなられた原因はわからないけど、大食い。て、同時に大量の糖質や塩分を摂取するわけで、身体にいい訳はない。本当に身体は大事にしてほしい。》などと、大食いの危険性を懸念する投稿が散見された。

引用:ヤフーニュース掲載 高橋ちなり

 

 

 

 

スポンサーリンク

高橋ちなりが入院してた理由は?

高橋ちなりさんの現在までについて調べたところ、2022年に腰の圧迫骨折で入院し、肝機能の数値があまりよくなかったことも明らかに。

また過去にも2020年ごろに高橋ちなりさんは『水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいてんぽうそう)』という指定難病を患ってることも明かしていて、近年は幾度も病気やケガと闘っていたことがわかりました。

 

引用:Twitter掲載 高橋ちなり

 

高橋ちなりの2022年の入院

高橋ちなりさんは2022年に腰の圧迫骨折で入院し、入院中の検査で肝機能の数値があまりよくなかったことが明らかになっています。

 

 

この時に高橋ちなりさんが「拒食気味」と投稿したことが

「高橋ちなりは摂食障害なんだ!」

と憶測を呼ぶことに。

 

もん
もん

しかしどうやら摂食の原因は2020年に告白した『水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいてんぽうそう)』を患っていたことが原因みたい…?

 

ニュースでは高橋ちなりさんの訃報と併せて2010年に当時30歳の別の大食いタレントが告白した摂食障害のブログが紹介されていて「高橋ちなり=摂食障害」と連想させますが…

高橋ちなりさんが実際に摂食障害を患っていたかどうかは不明です。

 

高橋ちなりは2020年にも病気を告白

高橋ちなりさんの現在までについて調べてみると、2022年に入院していたほかに、2020年に国の指定難病『水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいてんぽうそう)』を患っていることを告白しています。

 

 

『水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいてんぽうそう)』
全身に、強いかゆみを伴う紅斑や水疱、水疱が破れた後のびらん、びらんが治った後の色素沈着、瘢痕(はんこん=傷などが治った後に残るあと)が多発し、これらの症状が入り混じった状態がみられます。全身にびらんが多発するため、症状が重いと、体液や血液が体外に出ていって低栄養や貧血を起こします。それが改善されず徐々に状態が悪化すると、びらんからの細菌感染症による敗血症を起こし、命にかかわることがあります。

 

高橋ちなりさんは亡くなる現在までに水疱性類天疱瘡の病状が完治していたかは不明です。

2021年に高橋ちなりさんは、水疱性類天疱瘡の病気や治療の副作用で痩せすぎていることを明かに。

 

 

ほかにも高橋ちなりさんは重度の低血糖で倒れて搬送されたことも。

 

 

水疱性類天疱瘡の治療のために使用していたステロイドの離脱症状には、低血糖や吐き気などがあります。

 

倦怠感や⾎圧低下、吐き気、低⾎糖などの症状が起こることがあります。これをステロイド離脱症候群といいます。

引用:一般社団法人 日本リウマチ学会より

 

またネット上では高橋ちなりさんに「手の震え」の症状を指摘する意見も。

手の震えは低血糖の症状の1つですから、高橋ちなりさんは水疱性類天疱瘡の治療で他の症状が発症し、かなりつらい思いをされていたのではないでしょうか。

 

もん
もん

少なくとも1年以上は病気と闘っていたことがわかり、摂食障害が原因で痩せすぎているのはどうやら違うみたい…?

 

その他にも高橋ちなりは病気を抱えていた

高橋ちなりさんは現在までに、他にも不眠症を患っていたことも明らかに。

 

 

 

 

スポンサーリンク

高橋ちなりは実は双極性障害だった?

高橋ちなりさんは双極性障害でうつを患っていることを告白しています。

 

 

双極性障害(そううつ病)
躁状態(気分の高揚・活力および活動性の増加・睡眠要求の低下)とうつ状態(抑うつ気分・気分の低下・活力および活動性の減少)のエピソードが反復するもので、軽躁で数日間、躁状態で1週間以上、うつ状態は2週間以上続く。
双極性障害は20代から30代前後に発症することが多いとされていますので、ちょうど高橋ちなりさんの年齢と一致します。
高橋ちなりさんは大食いタレントやユーチューバーとして世間に出る機会が多かったため、バッシングの対象になりやすいことが考えられ、それが原因で双極性障害を患ってしまったのかもしれませんね。

 

 

また、高橋ちなりさんが患っていた水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいてんぽうそう)の治療で使用されるステロイド剤の副作用には「うつ病」の症状の報告も。

 

ステロイドの副作⽤:
ステロイドの主な副作⽤とその対策を下記に⽰します。…

不眠症やうつ病になることがあります。重症な場合は抗うつ薬を内服します。

引用:一般社団法人 日本リウマチ学会より

 

 

 

まとめ

今回は「高橋ちなりの現在は?入院してた理由や実は双極性障害だった?」と題して送りしました。

大食いタレントの高橋ちなりさんの現在を調べたところ、2023年7月21日にお亡くなりになっていたことがわかりました。

高橋ちなりさんは2022年に腰の圧迫骨折が原因で入院し、その際に肝機能の状態も良くないことを告白していて多くのファンの心配を呼びました。

さらにその際のTwitter投稿で、高橋ちなりさんは「双極性障害(そううつ病)」を患っていることも明らかに。

 

2020年には国の指定難病『水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいてんぽうそう)』を患っていたことも告白しているので、近年は病気やケガと戦っていたことがわかりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物
seaya4673をフォローする
もんのトレンドニュース
タイトルとURLをコピーしました