スポンサーリンク

水原一平の年収は3億円にUP?内訳や仕事内容が気になる!

当サイトには、プロモーションが含まれています

大谷翔平選手のドジャース移籍が発表されました。

その裏で密かに話題になっているのが、大谷翔平選手専属通訳の水原一平(みずはらいっぺい)さんの年収が3億円ほどになるという噂です。

大谷翔平選手を公私ともに支えていることで有名な水原一平さんは球団と大谷翔平選手と2つの契約を結んでいて、年収3億円はどのような内訳になっているのかが気になります。

また年収3億の可能性があると噂される水原一平さんの仕事内容についても調査してみました。

 

そこで今回は、

  • 水原一平の年収は3億円にUP?
  • 水原一平の年収内訳
  • 水原一平の仕事内容が気になる!

 

についてお送りします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

水原一平の年収は3億円にUP?

大谷翔平選手が史上最高額の7億ドルでのドジャース移籍表明が明らかになり、その裏では「水原一平さんの年収もヤバいことになりそう」とネット上では話題になっています!

なんと水原一平さんの年収は今後3億円近くになる可能性が浮上。

「世界でもっとっも稼ぐ通訳」になる可能性が出てきましたね!

さらに、今回大谷翔平選手の契約の代理人を務めたバレロ氏は、報酬として50億円受け取ることが判明し世間では驚きの声が上がっています。

 

もん
もん

大谷翔平選手に関わる人たちが手にするお金の額は桁違い過ぎてヤバいですね

 

大谷翔平との契約で一気に年収3億越え?

水原一平さんは大谷翔平との雇用契約で、一気に年収3億越えの可能性が出てきました。

 

大谷翔平選手が手にする契約金の7億ドルとは、円換算すると1015億円になります。

水原一平さんは大谷翔平選手と年収の1~2%をお給料としてもらう契約をしているので、今後のドジャース移籍では、水原一平さんの給料は大谷翔平選手との契約のみで1~2億円ということになります。

しかも、大谷翔平選手はスポンサー企業との契約料やCM出演料などもメジャーリーガーでぶっちぎりのNo.1で、2023年はなんと3500万ドル(約50億円)だったとか。

 

もん
もん

スポンサー料も加味されるのであれば、水原一平さんの年収はさらに5000万円ほど追加される可能性もあります。

 

米経済紙フォーブスによれば、スポンサー収入もメジャー最高額の約3500万ドル(約50億7500万円)と桁違いだ。

引用:Yahoo!ニュースより 大谷翔平の移籍

 

球団からの給料もアップか?

さらに水原一平さんはドジャースとの専属通訳契約を結ぶことも考えられますから、大谷翔平選手からの給料とあわせるとやはり年収3億円に近づく可能性があると考えられます。

 

ロサンゼルスエンゼルス所属時代からファンやチームメイトからの人気が高かった水原一平さん。

そのことを考えると、水原一平さん自身もドジャースへもたらす影響は大きいと考えられます。

そのためドジャースでの専属通訳としての年収は、もしかしたら5000万円はくだらないのではないでしょうか?(あくまで予想です)

 

ちなみに…通常メジャーリーガーの通訳の年収は約1000万円といわれています。

 

一般的に優秀な通訳の場合、松井秀喜の通訳だったロヘリオ・カーロン氏は、8万ドル(1150万円前後)プラス地方遠征手当などが支給されていました。またMLBの監督の年俸は意外と低くて、大多数は100万ドル前後、コーチも大物なら70万ドル前後はもらえますが、それ以外なら20~30万ドル程度ともっと低くなる。以上をベースに考えれば、水原氏とて15万ドル、2千万円強がせいぜいでは」

引用:Yahoo!ニュースより 水原一平の年収は?

 

もん
もん

そうすると水原一平さんの年収は3億円近くになる可能性もありますので、「世界一年収が高い通訳」という称号をGETする可能性も…?単純計算で7億ドルの1~2%(10~20億円)を貰えるということになりますので控えめに言ってもマジでヤバいですね!

 

 

水原一平の移籍も織り込み済みだった?

大谷翔平選手の次の移籍には、水原一平さんも一緒にということは織り込み済みだったことが考えられます。

日ハム所属時代に大谷翔平選手は水原一平さんに「メジャーに行くときには一緒にきて欲しい」とお願いしたほどですから、当然移籍先への帯同も既定路線だったでしょう。

そのため、大谷翔平選手の契約内容には水原一平さんのことも含まれていたとかんがえます。

 

移籍報道を受け、ロサンゼルスエンゼルスのメンバーであるオハピーからは大谷翔平選手に対し「私が一番恋しいのはあなたの通訳です」とユーモアたっぷりに水原一平さんが去ることを惜しむ声も。

 

引用:グノシーより 大谷翔平・水原一平

 

エンゼルスのチームメートも反応。バッテリーを組み、イケメンでも知られる捕手のオハピーは「おめでとう、ブラザー」と祝福。キャッチボールの相手を行うなど、大谷とは仲良しだったサンドバルは「おめでとう!ただひとつ、私が一番恋しいのはあなたの通訳です」と、水原一平通訳との別れも惜しんだ。

引用:グノシーより 大谷翔平・水原一平

 

 

大谷翔平の代理人の報酬は50億円

今回大谷翔平選手の契約の代理人を務めたネズ・バレロ氏はメジャーリーグの報酬規程により、なんと報酬50億円を受け取ることが確実視されています。

水原一平さんの年収3億円の可能性ということもヤバすぎますが、代理人の報酬額も額が桁違い過ぎますね!

メジャーリーグでは選手の未来がどうなるかは代理人の手腕にかかっていますので、今回の史上初の大型契約をまとめたネズ・バレロ氏の手腕はアメリカ1といっても過言ではないでしょう。

 

引用:Yahoo!ニュースより

 

代理人の報酬は大リーグ選手会との取り決めで契約総額の5%を上限に設定。今回、日本円で総額1015億円の超大型契約をドジャースとの間で成立させたことで、バレロ氏側も約50億円の報酬を受け取ることが確実とみられている。(浅野英介)

 

水原一平の年収内訳

水原一平さんの年収を調べる上で雇用契約について調べたところ、球団と大谷翔平選手との間にそれぞれ契約を結んでいることが判明しました。

今後どうなるか詳しくはわかっていませんが、大谷翔平選手と一緒にドジャースに移っても同様な雇用形態になる可能性は高いと思われます。

ちなみにこの2つの雇用契約で、水原一平さんの現在の年収は1億円近いといわれています。

3億円となると一気に3倍になるということになりますね。

 

年収内訳①球団との契約

水原一平さんの雇用契約1つ目は、大谷翔平選手の所属球団との契約です。

 

引用:ライブドアニュースより 大谷翔平と水原一平

 

大谷翔平選手が所属しているロサンゼルスエンゼルスと水原一平さんは「大谷翔平選手の専属通訳」として雇用契約を結んでいます。

大谷翔平選手がメジャーリーグ挑戦をはじめた2018年ごろ、水原一平さんはロサンゼルスエンゼルスと半年更新契約で、月収40万、年収で480万円ぐらいの契約を結んでいました。

 

もん
もん

当初は半年先はどうなるかわからないヒヤヒヤする契約だったんですね…!

 

その後大谷翔平選手のめざましい活躍で専属通訳の水原一平さんも年収がアップしていることが考えられ、現在では年収2780万円ほどを球団から給料として貰っているといわれています。

 

「現在、球団職員の通訳として支払われる年収は通常10万ドル(1390万円)です。この数年の活躍で20万ドル(2780万円)ぐらいでしょうか」

引用:goonewsより 水原一平さんの年収

 

年収内訳②大谷翔平との契約

水原一平さんの雇用形態2つ目は、大谷翔平選手との直接契約です。

 

引用:デイリースポーツより 大谷翔平と水原一平

 

大谷翔平選手は球団に関係すること以外も含めたサポートを目的として、水原一平さんと直接雇用契約を結んでいます。

雇用形態としては年収の1~2%をお給料として水原一平さんに支払うと定めているようです。

大谷翔平選手の活躍次第で給料がどうなるかが決まりますが、ロサンゼルスエンゼルスでの大谷翔平選手の年俸が43億円でしたから、おおよそ4300~8600万円を給料として貰っていたということになりますね。

 

引用:日刊スポーツ掲載 大谷翔平

 

ロサンゼルスエンゼルスから約2780万円、大谷翔平選手から4300~8600万円ということは、水原一平さんの年収は7600万円~1億1400万円ほどと推測できますね。

 

もん
もん

さすが世界トップクラスの野球選手のお付きの人は給料がケタ違い!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

水原一平の仕事内容が気になる!

水原一平さんの仕事にようについて調べたところ、大谷翔平選手は通訳以外にも水原一平さんに様々なことをサポートしてもらって「二人三脚」でメジャーリーガーとして活躍していることが判明しました。

水原一平さんがこなしている年収3億に値する大谷翔平選手のサポートはこちらです。

 

水原一平さんの仕事内容(一例)

  1. ボディーガード
  2. メンタルケア
  3. 買い出しなど
  4. 試合前のキャッチボールの相手役
  5. 車の運転手
  6. 自主トレーニングのサポート
  7. 大谷選手や球団のための動画撮影カメラマン など

 

 

 水原氏は2018年のメジャー挑戦から、通訳としてだけでなく、練習パートナーや運転手など、常にそばで大谷を支えてきた。3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)にも帯同し、カージナルスのラーズ・ヌートバー外野手を誘うなど、野球日本代表「侍ジャパン」の世界一に貢献した。

引用:Yahoo!ニュースより 水原一平

 

もん
もん

また、2023年8月4日記載の女性自身の記事でも水原一平さんの仕事内容の一部が記載されていました。

 

「記事では大谷選手について《MLB史上最大の天才》《世界で最も目立つアスリートの一人》と評した直後、《その近くにいるだけで、イッペイ・ミズハラも地球上で最も目立つ人の一人になっている》と断言しています。今年の本拠地開幕戦では《ミズハラは登場時にスタンディングオベーションを受けるほど》の人気だったと報じています。ボディガードや買い出し、メンタルケアなども行う水原さんを《オオタニの横での彼の仕事のうち、通訳はわずか10%程度にすぎない》と絶賛する内容でした」(前出・在米スポーツライター)

引用元:女性自身

 

水原一平さんの仕事は「通訳は仕事の10%程度」とされるほど多岐にわたり、リアルに公私ともにサポートしているといっても過言ではないですね。

 

また大谷翔平選手と水原一平さんはプライベートでも仲が良く、一緒にゲームをしたり、焼き肉やユニバ観光にも行ったりしているそう。

もはや「親友・家族」というレベルの絆で結ばれている2人なので、仮にドジャースが水原一平さん以外の通訳をつけるというような条件を提示していたら、おそらく大谷翔平選手は契約を断っていたのではないでしょうか。

 

もん
もん

大谷翔平選手はお金には執着していないので、水原一平さんを帯同できないならバッサリ断る可能性はおおいにありそうですよね!

 

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は「水原一平の年収は3億円にUP?内訳や仕事内容が気になる!」と題してお送りしました。

 

大谷翔平選手を公私ともに支えている専属通訳の水原一平さん。

大谷翔平選手のドジャース移籍が発表され、大谷翔平選手の専属通訳として帯同し、その年収は3億円になるのではと噂されています。

 

水原一平さんの気になる年収3億の内訳は、雇用契約は①大谷翔平選手の所属球団と専属通訳契約、②大谷翔平選手と直接の雇用契約(年俸の1~2%を支払う)の2つが確認できています。

大谷翔平選手が7億ドル(1014億円)でドジャース移籍が決まったため、今後大谷翔平選手から支払われる年収は1~2億、さらに、球団からの給料も合わせれば3億円はくだらないとも噂されています!

仕事内容はリアルに公私ともにの二人三脚で、もはやマネージャーのような感じです。

 

スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました