スポンサーリンク

川鍋一朗の家系図が凄すぎる!自宅は港区の2000坪の大豪邸?

当サイトには、プロモーションが含まれています

『ガイアの夜明け』に日本交通社の3代目社長・川鍋一郎さんが登場します。

川鍋一郎さんといえば社長なのに自身が自ら1カ月ほどタクシードライバーになってみたり、1900億円あった負債を完済するなど、何かと話題に尽きない社長さんです。

そんな川鍋一郎さんの名前を検索すると「家系図」というワードが上位に入っています。

川鍋一郎さんの家系図を調べたところ、とんでもない家系の華麗なる一族であることが判明しました!

川鍋一郎さんの家系図にはどんな人物が名前を連ねているのでしょう?

また、川鍋一郎さんの自宅は港区の2000坪の大豪邸という情報が見つかったので、こちらも詳しく調べてみました。

 

そこで今回は、

  • 川鍋一朗の家系図が凄すぎる!
  • 川鍋一朗の自宅は港区の2000坪の大豪邸?

 

の内容でお送りします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

川鍋一郎プロフィール

まずは簡単に川鍋一郎さんのプロフィール情報をお伝えします。

 

引用:Myroadより 川鍋一郎

 

名前 川鍋一郎(かわなべいちろう)
生年月日 1970年10月3日
年齢 53歳
出身 東京都港区
最終学歴 慶応大学経済学部 卒業
スタンフォード大学
ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院 修了(MBA取得)
職業 実業家(日本交通株式会社取締役、全国ハイヤータクシー連合会会長、東京ハイヤータクシー協会会長、Japan taxi社長、Mobility Technologies会長)
趣味 サーフィン

 

川鍋一郎さんは1970年生まれの53歳。

日本交通社創業家の3代目社長で、日本交通株式会社取締役、全国ハイヤータクシー連合会会長、東京ハイヤータクシー協会会長、Japan taxi社長など様々なことを手掛ける実業家でもあります。

タクシーアプリ「GO」をリリースしたことが特に有名ですね。

 

高校時代からスキー選手として活躍し、大学ではスキー部の主将を務めていました。

慶応大学経済学部卒業後はスタンフォード大学を経てノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院に進学。

卒業後は、コンサル会社の世界的大手マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパンに勤務します。

2000年より家業の日本交通社に入社し、専務・ 副社長・社長を経て、2015年から会長職に就きました。

 

もん
もん

世間からは「タクシー王子」と呼ばれ、純日本人ですがハーフ風な容姿も相まってイケメンとも話題です。

 

では次に、気になる川鍋一郎さんの家系図についてみていきましょう!

 

川鍋一朗の家系図が凄すぎる!

川鍋一郎さんの家系図を調べたとこと、家系が凄すぎる人物ばかりということがわかりました。

川鍋一郎さんの家系図はこちらです。

 

引用:Wikipedia掲載 川鍋一郎

 

特に川鍋一郎さんの家系図が凄いのはこちらが挙げられます。

 

  • 妻が元内閣総理大臣・中曽根康弘の孫
  • 祖父は日本最大のハイヤー・タクシー会社『日本交通株式会社』創業者
  • 母方の先祖に「台湾民族の開祖・英雄」鄭芝龍、「藤山コンツェルン」創始者

情報参照:https://keibatsugaku.com/kawanabe/http://taxijapan.blog55.fc2.com/blog-entry-87.html

 

祖父は創業者の川鍋秋蔵。母方の曽祖父に藤山雷太。鄭成功(国姓爺)の父・鄭芝龍を先祖にもつ鄭成功の弟・田川七左衛門(中国名:鄭宗明)の末裔)。

引用:wikiwand 川鍋一郎

 

家系図が凄い①妻は元内閣総理大臣の孫

川鍋一郎さんの家系図で、妻は元内閣総理大臣中曽根康弘の孫の文子(あやこ)さんです。

 

引用:中曽根ファミリーブログより

 

川鍋一郎さんの妻は1980年生まれの43歳で、川鍋一郎さんとは10歳の年齢差夫婦。

実は川鍋一郎さんの妻もご実家の家系図がとにかくすごく、祖父は元内閣総理大臣中曽根康弘(国鉄を民営化)、父親は元外務大臣の中曽根弘文、兄の中曽根康隆さんも国会議員という政治家一家であることがわかります。

 

お2人はともに慶応大学卒で、2007年に出会い、2009年に結婚されています。

結婚式は披露宴に450人が参加した超豪華な式ということで、当時かなり話題となりました。

 

引用:NEWSPICSより

 

もん
もん

ちなみに向かって左側が川鍋家、右側が中曽根家です。

 

川鍋一郎さんと妻の間には2014年には子供が誕生し、曽祖父の中曽根康弘さんが孫を抱っこしている写真が公開されて話題となりました。

こうしてみると元総理大臣の中曾根康弘さんも「優しそうな普通のおじいちゃん」という感じで、なんだかいいですね!

 

引用:中曽根ファミリーブログより

 

2024年現在は「5人家族」と公表されているので、おそらく子供は3人いると推測します。

 

家系図が凄い②祖父は『日本交通株式会社』創業者

川鍋一郎さんの家系図で、祖父は日本最大のハイヤー・タクシー会社『日本交通株式会社』創業者の川鍋秋蔵さんです。

 

引用:NEWSPICSより

 

川鍋秋蔵さんは1929年6月に「川鍋自動車商会」を設立し、戦後復興の流れに乗り会社を大きくした有能な実業家です。

なんとグループ売上高では『日本交通株式会社』は日本最大規模!

またその交友関係も広く、東京急行電鉄創業者・五島慶太さんと友人関係にあったため、東急グループ傘下自動車メーカー『日本内燃機・オオタ自動車工業』、英国車の輸入販売大手『日英自動車』の経営にも携わりました。

 

1947年には出身地の埼玉県大宮市の市議会議員に当選

アジア石油(現在のコスモ石油)で石油精製・販売業を経営したり、日本電信電話公社(現在のNTT)経営委員会委員も務めるなど幅広く活動されました。

 

家系図が凄い③母方が華麗なる家系の一族

川鍋一郎さんの家系図で、母親は広瀬為宇さんという方です。

実は川鍋一郎さんの母方の家系がとにかくすごくてリアル「華麗なる一族」であることがわかりました。

母親の祖父は藤山雷太さんという方で「藤山コンツェルン」創始者。

 

引用:Wikipedia掲載 藤山雷太

その肩書をまとめるとこちらになります。

  • 貴族院勅選議員
  • 東京商業会議所会頭
  • 芝浦製作所所長
  • 大日本製糖社長
  • 藤山同族社長
  • 大日本製氷会長
  • 日印協会理事
  • 三井財閥・安田財閥・共同の各信託会社の相談役・取締役

 

もん
もん

とにかく「すごい」の一言ですね!

 

また母方の先祖を17世紀まで遡ると、なんと「台湾民族の開祖・英雄」の鄭芝龍(ていしりゅう)、息子で「台湾民族の英雄」の鄭成功(ていせいこう)の名前が確認できました。

 

引用:Baiduより 鄭芝龍(ていしりゅう)

引用:Wikipedia掲載 鄭成功(ていせいこう)

 

鄭芝龍と鄭成功は台湾人では知らない人がいないほどの国民的英雄の歴史上の人物です。

そんな人が先祖にいる川鍋一郎さんは、リアルに凄すぎる家系の持ち主といえますね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

川鍋一朗の自宅は港区の2000坪の大豪邸?

川鍋一朗さんの自宅を調べたところ、港区の2000坪の大豪邸という情報が見つかりました。

しかし、こちらの自宅は2000年代に1900億円の負債を抱えていた日本交通社の再建のために売却されていることが判明。

現在の自宅は六本木にあるそうですが、詳しい場所などは不明です。

あくまで推測ですが、日本最大級のタクシー・ハイヤー会社の会長という肩書から、おそらく億ションや超豪華な自宅であると推測します。

 

川鍋一朗の自宅は港区にあった

川鍋一朗さんの自宅は、港区の元麻布の高級住宅地にそびえる2000坪の大豪邸でした。

 

引用社長の家より 川鍋一郎の自宅

 

 

あの頃の家は今にして思えば、ちょっと驚くくらいの豪邸でした。住所は東京都港区元麻布。約2000坪の敷地に、芝生の庭が広がっていました。端の方には、ちょっとした森や池もある。ピッチングウェッジでゴルフのアプローチを練習するくらいだったら、楽々できたと思います。

引用:NEWSPICSより

 

こちらは川鍋一郎さんのご実家でもあります。

しかしこちらの自宅は2000年代に川鍋一郎さんが家業の『日本交通社』に入社した際に発覚した1900億円の負債を返済するため、川鍋家の資産として売却されていることが判明しました。

 

 

もん
もん

ちなみに、元麻布の地価は2024年現在は804万4077円/坪。

2000坪となると約160億円なので、いかにすごいご自宅だったかがわかりますね!

 

 

川鍋一朗の現在の自宅も大豪邸?

川鍋一朗さんの現在の自宅について調べてたところ、六本木に住んでいることがわかりました。

 

六本木の自宅に、6人乗りのワゴンタクシーが颯爽と。家族5人、あっという間に湯島天神!

引用:川鍋一郎noteより

 

残念ながら詳しい自宅場所などはわかりませんでした。

ちなみに川鍋一郎さんの年収は8~9000万円ほどと推測されているので、この年収額をもとに考えれば相当凄いご自宅に住んでいる可能性は高そうですよね!

 

もん
もん

家系図を見ても川鍋一郎さんは”リアル華麗なる一族”ということからどんな自宅か気になる人も多いと思いますので、今後も引き続き調査していきます!

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は「川鍋一朗の家系図が凄すぎる!自宅は港区の2000坪の大豪邸?」と題してお送りしました。

 

川鍋一郎さんの家系図をみると、凄すぎる人物が名前を連ねていることが発覚しました。

家系図の中から特にすごい人物をあげるとこちらになります。

 

  • 祖父:日本最大のハイヤー・タクシー会社『日本交通株式会社』創業者の川鍋秋蔵
  • 妻の祖父:元内閣総理大臣中曽根康弘の孫
  • 妻の父親:元外務大臣の中曾根
  • 妻の兄:国会議員の中曽根康隆
  • 母方の先祖:「台湾民族の開祖・英雄」鄭芝龍、「藤山コンツェルン」創始者の藤山雷太

 

川鍋一朗さんの自宅を調べたところ港区の2000坪の大豪邸という情報が見つかりましたが、こちらの自宅は2000年代に1900億円の負債を

抱えていた日本交通社の再建のために売却されていることが判明。

現在の自宅は六本木にあるそうです。(詳しい場所などは不明)

スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました