スポンサーリンク

シェシバタの暴力って何?オーナーのパワハラや怖いとの噂を調査

当サイトには、プロモーションが含まれています

トレンド

名古屋の超有名洋菓子店『シェ・シバタ』。

東海地方では知らない人はいないくらいに有名なシェ・シバタですが、お店の名前で検索すると…なぜか検索のトップが「暴力」と出てきます。

シェ・シバタと暴力とは一体どういう関係があるのでしょうか?

調べてみるとどうやらオーナーの柴田武さんの言動に理由があったということが判明しました。

シェ・シバタにはさらに「パワハラ」「怖い」という不安になるような検索ワードも。

 

名古屋の超有名洋菓子店『シェ・シバタ』の気になる苦をそうな話について調べてみました!

 

そこで今回は、

  • シェシバタの暴力って何?
  • シェシバタのオーナーのパワハラとは?
  • シェシバタのオーナーは怖い?

 

についてお送りします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェシバタの暴力って何?

名古屋の超有名洋菓子店『シェ・シバタ』を検索すると、なぜか検索のトップが「暴力」と出てきます。

 

 

シェ・シバタを検索すると「暴力」と出てくるのかなぜなのか調べてみたところ、おそらく過去にシェ・シバタがテレビで特集された際にオーナーの柴田武さんが厨房でスタッフに向かって怒っていた姿が大きな要因と考えられます。

スタッフを叱咤しているオーナーの姿を見て「怖い」「もしかしたら暴力をふるっているのかも」と思った人がいたのではないでしょうか。

 

 

また、現在「シェ・シバタ 暴力」と検索すると、全くシェ・シバタとは関係のない『退勤まで「延々と暴力」新人パティシエの壮絶被害』という東洋経済オンラインの記事が出てくるのも勘違いが勘違いを生んでいると思われます。

 

シェ・シバタには暴力はない

シェ・シバタのオーナーの柴田武さんはスタッフを叱咤している姿から、クレームをいただくことも多いんだとか。

 

しかし「暴力をふるうのはやめろ」というクレームではなく、あくまでも口での叱咤を指摘するもののみ。

当のシェ・シバタのオーナーの柴田武さんも暴力には反対の考えをお持ちなんだそうですよ。

 

シェ・シバタのオーナーの柴田武さんはむやみやたらに怒っているのではなく

「緊張感をもって仕事ができていない人を怒っているだけ」

とハッキリ自身のブログで意見を述べています。

 

裸一環からスタートして18年。このブランドを守る為、スタッフの給与を守る為にも、私の命になるお菓子を「いい加減に作られたら」それは瞬時に対応しないといけません。

お客さんに怒ったわけでも無い。緊張感のない厨房を見た事がありませんか???

スタッフが笑いながら、私語しながら仕事をしているような店は、必ずクオリティーが低下しています。「あそこ有名なのに美味しくないね」という言葉を聞いた事が沢山あります。

僕は金の為だけにお菓子を作っていません。僕のFBやブログを見ていても理解して欲しい。

怒れない大人が増えて怒れない教育、お金の為に生徒を甘やかす学校。もう懲り懲りです。私の会社では、その教育が出来なかった、排出された若者を一から給与を与えて指導しているのです。

引用:シェ・シバタのオーナーの柴田武ブログより

 

 

もん
もん

きちんとした理念と守らなければいけないもの(スタッフやお店や商品)が多いからこそ、時に愛のある咤が飛ぶのでしょうね。

 

シェ・シバタでは昔ながらの職人気質を大切にしているがゆえに、洋菓子店でありながら日々厨房で叱咤が飛び交っているようです。

 

シェ・シバタではいまだに徹底した職人教育、上下関係を目指しています。パワハラと言われようがお客様にちゃんとした商品を提供したい、序列を保ちたい、スタッフ一人一人の将来を考えたい。

引用:シェ・シバタのオーナーの柴田武ブログより

 

 

東洋経済オンラインの記事はシェ・シバタのことではない

「シェ・シバタ 暴力」と検索すると、なぜか全くシェ・シバタとは関係のない『退勤まで「延々と暴力」新人パティシエの壮絶被害』という東洋経済オンラインの記事が出てきます。

おそらく勘違いが勘違いを生んでシェ・シバタの検索結果に表示されているのだと思われます。

 

引用:東洋経済オンラインより パティシエの暴力告発

 

この記事はあくまで匿名のパティシエが昔働いていたお店で受けた暴力について告発している記事で、シェ・シバタとは一切関係がない可能性が高いです。

 

 

もん
もん

勘違いしてシェ・シバタでは暴力が横行しているんだ…!」と不安になってしまった方もいるかもしれませんが、この記事に関してはシェ・シバタは全く関係のないことだと思いますのでご安心を!

 

 

 

 

シェシバタのオーナーのパワハラとは?

シェシバタのオーナーのパワハラとは、シェ・シバタのオーナーの柴田武さんが自身のブログに綴っている「昔ながらの職人教育と徹底した上下関係」のことを指します。

オーナーの柴田武さん自身が「パワハラととられようが構わない」というスタンスで自身の理念を発信しているため、シェ・シバタではパワハラが横行しているんだと考えてしまう人がいるのかもしれませんね。

 

現在の日本ではパワハラが社会問題になるほど問題視されていますが、シェ・シバタのオーナーはこう持論を展開しています。

 

ブラック企業?パワハラ?
この日本は、低迷して行く理由がそれです。政府がうたう「クール ジャパン」意味が解りません。

素晴らしい職人になるには、それなりの修行や苦労をしなくてはなれません。なのに社会や政治政策は異なります。

良い職人を生み出す環境を減らす傾向と私は感じています。

怒ればパワハラ!過酷な労働があればブラック企業と言われる。

弱い人間を作る構造です。

引用:シェ・シバタのオーナーの柴田武ブログより

 

 

もん
もん

考え方がまさに「強い日本の象徴=侍」ですね!繰り返しますがシェ・シバタでは暴力はありませんのでご安心を!

 

公式サイトにはまさに侍の姿のシェ・シバタのオーナーの柴田武さんも…!

 

引用:シェ・シバタ公式サイト

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェシバタのオーナーは怖い?

シェ・シバタと検索すると「オーナー 怖い」と出てきます。

これは前述したようにシェ・シバタで検索すると「暴力」とでてきたり、オーナー自身が「パワハラととられようがいい職人を育てていく上では必要なこともある」と発信しているからと思われます。

それに加え、単純にオーナーの柴田武さんの顔がかなりの強面なので「怖い」と感じる人がいるのかもしれません。

 

引用:シェ・シバタのオーナーの柴田武ブログより

 

シェシバタのオーナー・柴田武

シェ・シバタのオーナーパティシエの柴田武さんとはこちらの方です。

 

名前 柴田武(しばたたけし)
生年月日 1971年生まれ
年齢 52歳
出身 岐阜店多治見市
受賞歴 ◆2016年:フランス有名チョコレートメーカー「セモア」から世界で3人のアンバサダーに就任
◆2015年:愛知県西尾市 抹茶大使に就任
◆2010年8月:岐阜県多治見市、観光大使に就任
学歴 多治見工業高等学校 窯業科卒業
辻フランス料理専門カレッジ卒業
公式サイト シェ・シバタ公式サイト
公式ブログ シェ・シバタのオーナーの柴田武アメブロ

 

引用:patissient掲載 シェ・シバタのオーナーの柴田武

 

シェ・シバタのオーナーの柴田武さんは1971年生まれの52歳。

辻フランス料理専門カレッジ卒業後、神戸のフランス料理店「ジャン・ムーラン」のパティスリー部門で修行を積み、その後フランスに渡ります。

フランス・パリの「ホテル・リッツ・エスコフィエ」、「シェ・ミラベル」等で修業を積んだ後に、1995年に24歳の若さで自分のお店の1号店を岐阜県・多治見で「シェ・シバタ多治見」に開店。

続いて2号店は名古屋のセレブが集まる覚王山に開き、飛ぶ鳥を落とす勢いで瞬く間に名古屋の有名洋菓子店として名前が広がっていきました。

現在は日本に4店舗、上海2店舗、香港1店舗の他、広州、杭州、長沙にもお店を展開し、月の半分を日本と海外で仕事をされています。

 

日本大好きパティシエとして地元を大切に世界へと細心のスイーツを発信されています。

 

シェシバタのオーナー柴田武は顔が怖い

シェ・シバタのオーナーの柴田武さんの顔画像を集めてみました。

確かに強面なお顔で…第一印象は怖いと思ってしまうかもしれません(笑)

 

 

引用:シェ・シバタ公式サイト

 

引用:super sweetsより シェ・シバタのオーナーの柴田武

 

引用:東海テレビ放送 シェ・シバタのオーナーの柴田武

 

最後にシェ・シバタのオーナーの柴田武さんが話しているYouTube動画を発見。

声まで強面で怖いですね(笑)

 

 

もん
もん

シェ・シバタのオーナーの柴田武さんはお客さんには気さくな方のようで、店頭に立っている際には楽しくおしゃべりしたという人も結構いるみたいですね。実は私も見たことがありますが、暴力をふるうような方には見えませんよ。

 

「シェ・シバタ 怖い」という世間の声

「シェ・シバタ 怖い」という世間の声を集めてみました。

やはり「暴力」というワードは出てこず、叱咤している姿がパワハラっぽくて怖いという印象の方が多いようですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は「シェシバタの暴力って何?オーナーのパワハラや怖いとの噂を調査」と題して送りしました。

名古屋の超有名洋菓子店『シェ・シバタ』。

洋菓子店なのに検索するとなぜか「暴力」というワードが上位表示されますが、これは過去にシェ・シバタのオーナーの柴田武さんがテレビ出演した際にスタッフを咤しているシーンが放送されたことが原因だと考えます。

シェ・シバタのオーナーの柴田武さんは自身のブログ内で、

 

  • 緊張感のないスタッフには怒る
  • パワハラととられようがいい職人を生むには厳しい環境が必要

 

と、理念をもってスタッフ教育をしていることを綴っています。

また、シェ・シバタの検索結果には「怖い」というキーワードも。

これはオーナーの柴田武さんの教育方針を怖いと感じる人もいると一定数いると思われますが、純粋に顔が強面だからということも考えられそうです。

 

 

スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました