スポンサーリンク

バヌアツの法則2022最新!日本で地震が起こる予兆?確立や根拠は?

トレンド

バヌアツ地域で大きな地震が起こると必ず噂されるのが「バヌアツの法則」ですよね。

バヌアツの法則とは、バヌアツという国の付近で大きな地震が起こると日本でも数日~2週間以内に同等規模の地震が発生するという法則です。

実際的中率などの確立とかってどうなんでしょうか?

 

そこで今回は、

  • バヌアツの法則2022最新!3月31日に起きた地震は日本の大地震の予兆?
  • バヌアツの法則の的中確立や根拠は?過去のデータから最新のもので検証!
  • 南太平洋・バヌアツとはどんな国?

 

についてお送りします。

この記事を読んだら、ご自身の防災意識が高まることに繋がるでしょう!

 

■追記(2022.09.14)
:太平洋ローヤリティ諸島で大きな地震が起こりました。
(詳細はこちら)

■追記(2022.09.18)
:台湾南東部を震源に大きな地震が起こりました。
(詳細はこちら)

■追記(2022.11.09)
:南太平洋フィジー諸島南方で大きな地震が発生しました
(詳細はこちら)

■追記(2022.11.11)
:トンガ諸島で大きな地震が発生しました
(詳細はこちら)

■追記(2022.11.12)
:南太平洋フィジー諸島で大きな地震が発生しました
(詳細はこちら)

■追記(2022.11.14)
:三重県沖で大きな地震が発生しました
(詳細はこちら)

■追記(2022.11.22)
:南太平洋ソロモン諸島で大きな地震が発生しました
(詳細はこちら)

 

スポンサーリンク

バヌアツの法則2022最新!3月31日に起きた地震は日本の大地震の予兆?

バヌアツの法則が噂される最新の地震は、2022年3月31日の14時44分頃に南太平洋のローヤリティ諸島南東沖でマグニチュード7.2で発生しました。

この地震が起こる前の05時57分頃にも、同地域ではマグニチュード7規模の地震が発生しています。

バヌアツの法則によると今後2週間以内を目安に日本にも同規模の地震が起こる確率が高いとされています。

 

top

引用:https://weathernews.jp/s/topics/202203/310205/?fbclid=IwAR3RRNWdl0TvWL7HqBHVjkq11rZphJTDHEm-JbnOTuopz6sTfODZYCW7_OU

 

マグニチュード7.2クラスの地震というと、1995年に起こった阪神淡路大震災とほぼ同じ規模。

 

もん
もん

今回ローヤリティ諸島沖で発生した地震は日本の基準で言うと震度3程度とはいえ、かなり大きい規模の地震ですね。

 

ちなみに、震度マグニチュードの違いがイマイチわからないので調べてみました!

 

「マグニチュード」は、地震そのものの大きさ(規模)を表すものさしです。一方「震度」は、ある大きさの地震が起きた時のわたしたちが生活している場所での揺れの強さのことを表します。
マグニチュードと震度の関係は、例えば、マグニチュードの小さい地震でも震源からの距離が近いと地面は大きく揺れ、「震度」は大きくなります。また、マグニチュードの大きい地震でも震源からの距離が遠いと地面はあまり揺れなく、「震度」は小さくなります。

引用:http://www.skr.mlit.go.jp/bosai/bosai/tounannkai/kisochishiki/tunamikankei/magunicyuudo/magunicyuudo.html

 

バヌアツの法則では同じ規模の地震が起こるといわれているので、震度が大きいとは限らないのですね

最新の2022年3月31日にバヌアツ付近で起こった地震はマグニチュード7.2なので、今後日本でもバヌアツの法則によれば同規模の地震が起こる確率が高いとされています。

 

スポンサーリンク

 

バヌアツの法則の的中確立や根拠は?過去のデータから比較!

バヌアツの法則の2022年までの的中率や根拠を最新のデータをもとにして調べてみたところ、的中率はおよそ60%ほどの確立ということが分かりました。

バヌアツの法則は太平洋プレートが関係しているといわれていますが、実は確たる根拠は示されていません。

あくまで「そういう可能性がある」として捉えるといいかなというのが結論です。

 

バヌアツの法則の的中率は?

2021~2022年の最新のデータをもとにバヌアツの法則を調べてみたところ、的中率はおよそ60%ほどの確率ということが分かりました。

 

もん
もん

結構高い的中率でびっくりですよね!

 

2010年代までさかのぼると驚きのデータが!

 

  • 2012年 三陸沖地震(5日後発生)
    バヌアツ)3月9日 M6.7
    日本)3月14日 M6.8
  • 2016年 熊本地震 前震(8日後発生)
    バヌアツ)4月6日 M6.7
    日本)4月14日 M6.5
  • 2016年 熊本地震 本震(9日後発生)
    バヌアツ)4月7日 M6.7
    日本)4月16日 M7.3
  • 2018年 北海道胆振東部地震(15日後発生)
    バヌアツ)8月22日 M6.7
    日本)9月6日 M6.7

 

日本で大きな被害があった地震の前には、バヌアツ付近でも規模の大きい地震が起こっている感じですね。

2021~2022年の今日までの最新のデータでバヌアツ付近の大きな地震と日本のマグニチュード5以上の地震を調べてみたところ、バヌアツの法則の的中率の高さに驚かされます

 

2021年2月10日 南太平洋ローヤリティ諸島 M7.7
2021年2月13日 福島県沖 M7.3(6強)
2021年3月5日 南太平洋ケルマディック諸島 M8.1
2021年3月17日 福島県沖 M5.3(4)
2021年3月20日 宮城県沖 M7.2(5強)
2021年4月18日 宮城県沖 M5.8(4)
2021年5月1日 宮城県沖 M6.8(5強)
2021年5月14日 福島県沖 M6.0(4)
2021年8月18日 バヌアツ諸島 M6.9
2021年8月22日 福島県沖 M5.2
2021年10月2日 バヌアツ諸島 M7.3
2021年10月6日 岩手県沖 M5.9(5強)
2021年10月7日 千葉県北西部 M5.9(5強)
2021年10月9日 バヌアツ諸島 M7.0
2021年12月9日 トカラ列島 M6.1(5強)
2022年1月4日 父島付近 M6.1(5強)
2022年1月15日 南太平洋 トンガ沖 火山噴火でM5.8に匹敵
2022年1月22日 日向灘 M6.6(5強)
2022年1月27日 南太平洋 トンガ沖 M6.2
2022年3月8日 パプアニューギニア付近 火山噴火のため不明
2022年3月16日 福島県沖 M7.4(6強)
2022年3月18日 岩手県沖 M5.6(5強)
2022年3月31日 南太平洋ローヤリティー諸島 M7.0
2022年3月31日 南太平洋ローヤリティー諸島 M7.2
2022年4月1日 千島列島 M5.2(1)
2022年4月4日 福島県沖 M5.1(4)
2022年4月6日 福島県沖 M5.4(4)

 

環太平洋火山帯に属するバヌアツの一帯では、実はマグニチュード5クラスの地震は割と日常茶飯事

しかしマグニチュード6以上の地震というのはバヌアツ一帯でも頻繁にあるわけではないので、やはり「バヌアツの法則」の観点で最新の情報に注意して、大きな地震に警戒したいですね。

 

 

バヌアツの法則の根拠は?

バヌアツの法則は2022年の最新の地震までを見てみると、おおよそ60%ほどの確率で的中しているものの、実は根拠になるデータは未だに発表されていません。

 

日本は4つのプレートが重なる国で、世界的にみても地震が多い国です。

 

  • ユーラシアプレート
  • 北アメリカプレート
  • フィリピン海プレート
  • 太平洋プレート

 

そしてバヌアツは太平洋プレート、オーストラリアプレートの境界に位置していて、さら環太平洋火山地帯にも位置しているので、バヌアツでも大きな地震がたびたび起きています。

 

大規模地震発生のしくみ

引用:名古屋地方気象台 世界プレート地図

 

日本とバヌアツで共通しているのが太平洋プレート。

このプレートのひずみによって起こる地震が日本とバヌアツに影響があり、バヌアツの法則にも繋がっていると考えられています。

ただ、日本とバヌアツは同じ太平洋プレートを共有していますが、プレートが沈み込む向きは逆です。

日本はフィリピン海プレートに太平洋プレートが沈み、バヌアツ付近はオーストラリアプレートへと沈み込む構造になっているので、反対方向へ働く力が影響するのは理論上ありえない(=確率0%)と考えてバヌアツの法則を否定する人もいます。

 

もん
もん

日々最新の地震データが蓄積されているので、今後バヌアツの法則が解明される日はもしかしたらそう遠くはないかもしれませんね。

 

バヌアツ付近で地震が発生してから数日~2週間以内に日本でも連動して同規模の地震が発生するというバヌアツの法則。

2022年の現在に至るまで確たる根拠はないものの、最新のデータを見てみても関連性が無いとは言い切れないと思います!

 

スポンサーリンク

南太平洋・バヌアツとはどんな国?どんな地域?

南太平洋に位置するバヌアツは、「バヌアツの法則」という地震の法則と噂されるものが存在するほどに地震が多い地域です。

正式名称はバヌアツ共和国で、外務省の最新のデータでは大きさは新潟県とほぼ同じくらい

1300 km にわたって約 80 島の島々が連なる島国で、南太平洋のシェパード諸島の火山島上に位置することから火山や地震の影響を度々受けています。

 

 

バヌアツは 西にオーストラリア、北にソロモン諸島、東にフィジー、南にフランス海外領土のニューカレドニアがあります。

今回バヌアツの法則が噂される最新の地震が起きたのは、バヌアツのすぐ下にあるニューカレドニアの3つの島が連なっているロイヤルティ諸島です。

バヌアツ等の島々がある南太平洋には、環太平洋火山帯(下記地図赤部分)が存在します。

このため、バヌアツ周辺地域は火山噴火や地震が世界的にみても多い地域となっているのです。

 

800px Pacific Ring of Fire.svg 日本から1600kmの海底に太陽系最大の火山が発見される

引用:wikipedia「環太平洋火山帯」

 

スポンサーリンク

 

追記:バヌアツ付近で多きな地震が発生(2022.09.14)

バヌアツの法則が噂される太平洋のローヤリティ諸島で、最新の情報によると2022年9月14日に大きな地震がありました。

詳細はこちらです。

 

引用:ウェザーニュース

 

発生時刻 2022年9月14日20時04分頃
震源地 南太平洋(ローヤリティ諸島南東)
位置 緯度:21.2度
経度:東経170.1度
震源 マグニチュード:7.0
深さ:124.0km

 

また、3日前にもこのバヌアツ付近では大きな地震が発生しています。

 

引用:ウェザーニュース

今後バヌアツの法則が当てはまるとすると、日本にも大きな地震が来る確率は高いと予想できます。

身の回りの防災グッズを今一致度確かめてもよいかもしれませんね!


追記:台湾南東部を震源に大きな地震が起こりました

バヌアツの法則が噂される太平洋のローヤリティ諸島で2022年9月14日に大きな地震があり、バヌアツの法則通りに日本付近で大きな地震が起こるのかと噂されていました。

すると最新の情報によると、2022年9月17日(土)22:41頃に台湾付近で大きな地震が起こりました

 

引用:ウェザーニュース

 

発生時刻 2022年9月17日22時14分頃
震源地 台湾付近
地震の大きさ マグニチュード:6.6

 

台湾・中央気象局によると、

  • 台東県の池上で震度6強
  • 花蓮県で震度5強
  • 高雄市で震度5弱
  • 台湾の広範囲で震度1〜4級

 

と、台湾のほぼ全土で揺れを観測。

多くの建物や橋などが倒壊したとの情報が入っていて、今後被害の解明が急がれます。

 

引用:朝日新聞掲載 台湾地震

 

もん
もん

上記でバヌアツの法則の的中率は60%ほどと説明しましたが、本当に大きな地震がきましたね

 

スポンサーリンク

 

追記:南太平洋フィジー諸島南方で大きな地震が発生し、千葉県北西部で大きな地震が発生ました

2022年11月09日に千葉県北西部で大きな地震が発生し、その数時間後に太平洋のフィジー諸島南方で大きな地震が発生しました。

バヌアツの法則が噂される日本とバヌアツ諸島付近の地震が同日に起こり、世間では再びバヌアツの法則が噂されています。

 

引用:ウェザーニュース

 

発生時刻 2022年11月09日17時40分頃
震源地 茨城県北部
震源 マグニチュード:5.0
深さ:約50km

 

引用:ウェザーニュース

 

発生時刻 2022年11月09日18時39分頃
震源地 南太平洋(フィジー諸島南方)
震源 マグニチュード:6.7
深さ:650km

参照:ヤフーニュース

 

バヌアツの法則が噂されている日本と南太平洋諸島付近で大きな地震が同日に起こったのはヤバすぎます!

 

もん
もん

これはバヌアツの法則を信じていない方も信じたくなるかも…?

 

今後余震で再び大きな地震が起こる可能性がありますので、ここ数日は気を引き締めて防災に意識を向けていきましょう。

 

きょう午後5時半すぎ、茨城県北部で震度5強の強い揺れを観測した地震について、気象庁は、揺れの強かった地域では今後およそ1週間はきょうと同じ最大震度5強程度の地震に注意するよう呼びかけました。

引用:ヤフーニュース

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

追記(2022.11.11):トンガ諸島で大きな地震が発生しました

バヌアツの法則が噂される太平洋のトンガ諸島で2022年11月11日に大きな地震がありました。

 

引用:ウェザーニュース

 

発生時刻 2022年11月11日19時48分頃
震源地 南太平洋(トンガ諸島)

南緯19.3度/西経172.1度

震源 マグニチュード:7.3

 

ここのところ、太平洋沖の地震と日本での大きな地震が頻発しています。

バヌアツの法則で相互に作用しあっていると考える方が多いようです。

 

 

 

「16日か22日が怪しい」と具体的な日付が出されると意識してしまいますよね。

防災意識を高めて大きな地震が来ても慌てないようにしたいものです!

 

スポンサーリンク

 

追記(2022.11.12):フィジー諸島で大きな地震が発生しました

バヌアツの法則が噂される太平洋のトンガ諸島で2022年11月12日に大きな地震がありました。

 

引用:ウェザーニュース

 

発生時刻 2022年11月12日16時09分頃
震源地 南太平洋(フィジー諸島)
震源 マグニチュード:6.7
深さ:650km

 

11月09日に起こった地震と規模や場所が非常に類似しています!

バヌアツ地方で大きな地震が頻発しているので、バヌアツの法則による日本への影響が懸念されます。

 

ちなみに、2022年11月はこんな予言も…

あくまで予言もバヌアツの法則も噂レベルかもしれませんが、大地震が起こらないことを願いたいですね!

 

 

スポンサーリンク

 

追記(2022.11.14):三重県沖で大きな地震が発生しました

太平洋のバヌアツ一帯で大きな地震が頻発していて、バヌアツの法則から日本への地震が懸念されていたところ、2022年11月14日に三重県南東沖で大きな地震が発生しました。

 

引用:Yahoo!地震速報

 

発生時刻 2022年11月12日17時09分頃
震源地 三重県南東沖
北緯33.8度/東経137.5度
震源 マグニチュード:6.1(震度4)
深さ:350km

 

 

太平洋のバヌアツ一帯でおおきな地震が発生していたので、バヌアツの法則からの推測で日本への大きな地震の影響が心配されていました。

 

もん
もん

やはり大きな規模の地震がきましたね!

 

しかも14日は震源から離れた場所が揺れる異常地震や、日本全体に地震が頻発している不思議な現象が起こっています。

 

引用:Yahoo!地震速報

 

今後も引き続き地震には注意し、万が一の際にも慌てることがないように準備しておきましょう!

 

スポンサーリンク

 

追記(2022.11.22):南太平洋ソロモン諸島で大きな地震が発生しました

バヌアツの法則が噂される太平洋の南太平洋ソロモン諸島で2022年11月22日に大きな地震がありました。

 

引用:Twitter掲載:ウェザーニュース

 

発生時刻 2022年11月22日11時03分頃
震源地 南太平洋ソロモン諸島
震源 マグニチュード:7.3
(震源付近は日本での震度4〜5強程度の揺れ)震源の深さ:15km

 

11月に入って大きな規模の地震が頻発しています。

また昨日はインドネシアの西ジャワ州で大きな地震が起こり、甚大な被害が報告されています。

 

引用:ヤフーニュース掲載 インドネシア地震

 

非常に近い場所で大きな地震が連日起こっているので心配ですね。

また、バヌアツの法則の噂によれば今後2週間は日本付近も大きな規模の地震には注意が必要です

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は「バヌアツの法則2022最新!日本で地震が起こる予兆?確立や根拠は?」と.るには有効な手立てになると思います!

今後2週間程度は地震に注意して、可能であれば数日分の食料や防災グッズを常備しておいてはいかがでしょうか?

それでは今回はここまでとさせていただきます。

最後までお付き合いくださいましてありがとうございました!

 


 

スポンサーリンク
トレンド
スポンサーリンク
seaya4673をフォローする
もんのトレンドニュース
タイトルとURLをコピーしました