スポンサーリンク

奥村幹夫の年収は3億?出身高校や大学など学歴と経歴も調査!

当サイトには、プロモーションが含まれています

SOMPOホールディングスの桜田謙悟会長謙CEOが2024年3月31日付で退任することが決まりました。

中古車販売大手ビッグモーターによる保険金不正請求問題で引責辞任ということのようで、今後は奥村幹夫社長兼最高執行責任者(COO)が後を引き継いでいくそうです。

奥村幹夫さんとは一体どのような人物なのでしょうか?

年収や出身高校・大学などの学歴、またこれまでの経歴が気になります。

 

そこで今回は、

  • 奥村幹夫の年収は3億?
  • 奥村幹夫の出身高校は?
  • 奥村幹夫の大学は?
  • 奥村幹夫の経歴は?

 

についてお送りします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

奥村幹夫のプロフィール

SOMPOの奥村幹夫さんのプロフィール情報はこちらです。

 

引用:SOMPOホールディングス・奥村幹夫

 

名前 奥村幹夫(おくむらみきお)
生年月日 1965年11月23日
年齢 58歳(2024年1月現在)
出身 埼玉県
好きな本 ミノーシュ・シャフィク著『21世紀の社会契約』
好きな言葉 前進あるのみ
家族構成 妻、子供3人(2男1女)

 

では次に、奥村幹夫さんの年収についてみていきましょう。

 

奥村幹夫の年収は3億?

SOMPOの奥村幹夫さんの年収は2023年3月期の情報から、3億円800万円ということがわかりました。

 

引用:IR BANKより

 

独立行政法人労働政策研究・研修機構の「ユースフル労働統計2020」のデータによると、2018年の調査時点で大卒男性の生涯年収が2億7000万円といわれています。

大卒男性の生涯年収以上の額を年収で稼いでいるなんて、奥村幹夫さんは凄いですね!

 

ちなみに、今回退任することが決まった桜田謙悟会長の年収は4億7700万円ということがわかっています。

つまり後任の奥村幹夫さんの年収は約1億7000万円弱上がる可能性が考えられます。

 

もん
もん

大手損保会社のトップとなると年収がとてつもない金額になるんですね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

奥村幹夫の出身高校は?

SOMPOの奥村幹夫さんの出身高校は埼玉県立大宮高校です。

 

 

埼玉県立大宮高校の偏差値は72で、埼玉県内の公立高校のなかではトップの偏差値を誇る高校です。

出身高校からみると奥村幹夫さんは相当頭がいい人物だということがわかりますね。

 

奥村幹夫さんは勉強ができるだけでなく、小学校時代からサッカー漬けの日々を送り、高校でもサッカー部に所属していました。

「サッカーに青春の全てをかけていた」とインタビューで語るほどのサッカー少年だったそうですよ。

 

私の青春はサッカー抜きに語れない。学生サッカーの人気が高かった埼玉県で少年時代を過ごしたこともあり、小学校から大学までサッカー漬けだった

 

 

当初奥村幹夫さんは高校はサッカーが強かった浦和の高校へと進学するつもりでしたが、埼玉県立大宮高校のサッカー指導者の指導スタイルに感銘を受けたことから、土壇場で志望校を変更して埼玉県立大宮高校に進学します。

 

当時は浦和勢が強く、私も浦和の高校に行きたかったのですが、私が入学する前に筑波大学サッカー部の1期生で、キャプテンを務めて大学院を出た方が大宮高校に赴任してきたんです。その方が非常に科学的な指導をするということを知り、土壇場で志望校を変更しました。

引用:財界オンラインより SOMPO奥村幹夫の出身高校

 

 

スポンサーリンク

奥村幹夫の大学は?

奥村幹夫さんの学歴で、出身大学は筑波大学 体育専門学群です。

 

 

筑波大学体育専門学群の偏差値は63です。

奥村幹夫さんは高校卒業後、当時サッカーが盛んだった筑波大学と早稲田大学のどちらへ進学するべきか迷っていたそうです。

先生に相談したところ「筑波が一番良い」とアドバイスを受け、筑波体育専門学群に進学。

 

大学在学中は1987年に1年間サッカーの本場・ブラジルへとサッカー留学し、本気でサッカーで日本一になることを目指してサッカー漬けの毎日を過ごしていました。

 

 1年間働きながらブラジルを学ぶという日本とブラジルの青少年を育成する団体の留学制度に応募しました。日本にはまだJリーグがない時代でしたが、ブラジルではサッカーは職業でもあります。そこでサッカーをしながら語学の勉強をしたのです。サッカーは全然通用せず、怪我もしましたが、非常に大きな経験となりました。

引用:財界オンラインより 奥村幹夫の大学時代

 

残念ながらブラジルではサッカーの腕前は全く通用せず、高校時代やブラジルで負った怪我の状態が良くなかったことから帰国の途に就いた奥村幹夫さん。

しかし、日系人が多く住むブラジルに大きな興味を抱いたことで再びブラジルに渡りたいという夢を持ち、大学卒業後の進路として安田火災を志望しました。

 

もん
もん

筑波大学の同期には名古屋グランパス監督の長谷川健太さん、後輩には柏レイソルヘッドコーチの井原正巳さん、ジュビロ磐田コーチの中山雅史さんがいらっしゃいます。

 

スポンサーリンク

奥村幹夫の経歴は?

SOMPOの奥村幹夫さんの経歴はこちらです。

 

  • 1989年:安田火災海上保険(現・損保ジャパン)に入社。若手時代には子会社の南米安田保険にも赴任
  • 2006年:安田火災を退職し、投資銀行に転職して3年間務める
  • 2012年:損保ジャパンに復帰。米州部長席付特命部長として務める
  • 2015年:損保ジャパン日本興亜ホールディングスで経営企画部長を務める
  • 2016年7月:SOMPOケア社長に就任、3年間務める
  • 2020年1月:SOMPOホールディングス執行役常務兼SOMPOインターナショナルCEO
  • 2021年4月:SOMPOホールディングス執行役専務に就任
  • 2022年6月:SOMPOホールディングス社長兼最高執行責任者に就任
  • 2024年1月:4月1日付でSOMPOホールディングス社長兼CEOに就任予定と発表

引用:財界オンラインより 奥村幹夫

 

奥村幹夫さんは大学卒業後、安田火災海上保険会社(現・損保ジャパン)に入社します。

念願のブラジル赴任(子会社の南米安田保険)を経験しますが、会社との方向性の違いを感じたことから一度投資銀行へと転職。

3年間勤務した後に再び損保ジャパンへと戻り、ブラジルの保険会社買収などを手掛けた後に様々なポストを経験し、2022年に現職のSOMPOホールディングス社長に就任。

桜田謙悟会長兼グループ最高経営責任者の退任に伴い、2024年4月1日付で、SOMPOホールディングス社長兼CEOに就任予定と発表されています。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は「奥村幹夫の年収は3億?出身高校や大学など学歴と経歴も調査!」と題してお送りしました。

 

SOMPOの奥村幹夫さんの年収は3億800万円です。

出身高校は埼玉県立大宮高校で、大学は筑波大体育専門学群のご出身です。

経歴は、大学卒業後にサッカー留学を経験したブラジルへ再びわたりたいという願いから、ブラジルに関連会社がある安田火災(現・損保ジャパン)へと入社。

しかし会社との方向性を感じ、2006年から3年ほど投資銀行に転職した後に損保ジャパンへと復帰。

ブラジルの保険会社買収などを手掛けた後には様々なポストや役職を経験し、2022年に現職のSOMPOホールディングス社長に就任。

桜田謙悟会長兼グループ最高経営責任者の退任に伴い、2024年4月1日付で、SOMPOホールディングス社長兼CEOに就任予定と発表されています。

 

 

スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました