スポンサーリンク

インターナショナルスクールは通っても意味ない?良い点と悪い点は?

トレンド

子どもを持つママだと、一度は絶対に気になるのがインターナショナルスクール。

「通っても意味ないんじゃないの?」なんて思ったりもしながら、ついつい調べていませんか?

「これからはワールドワイドな時代だからきっと英語は必須」

「英語が喋れないと将来就職するときに不利になるかもしれない」

わが子の将来を心配する気持ちはすべてのパパママに共通することですよね!

そこで今回は、

  • インターナショナルスクールに通っても意味ない?我が家のケース
  • インターナショナルスクールの良かった点
  • インターナショナルスクールの悪かった点

 

についてご紹介したいと思います!

どうぞ最後までお付き合いください!

 

\この記事がおススメな方/

・子どものインターナショナルスクール進学を考えている方
・インターナショナルスクールに純粋に興味がある方
・子どもの英語教育に興味がある方

 

 

スポンサーリンク

インターナショナルスクールに通っても意味ない?我が家のケース

我が家は長男を2歳~6歳の4年間、名古屋市内にあるインターナショナルスクールに通わせました。

結論から言うと、インターナショナルスクールに通わせたことは以下2つの理由で本当に良かったと思っています。

  • 長男が英語挫折組になっていない
  • 物心つく前から英語の環境にいるので英語を受け入れることに抵抗が少なかった

 

通わせた理由①英語挫折組にさせたくなかった

長男をインターナショナルスクールに通わせた理由は、英語で挫折をさせたくなかったからです

 

私(ママ)は小学生の頃に英会話教室で3年ほど英語を習った経験がありました。

しかしあくまでも英会話で、中学校から始まる英語の授業は文法中心

次第に難しく複雑になる英語の授業についていけなくなり、中学校2年生で「英語挫折組」に転落。

 

もん
もん

海外には一生行かないから英語は喋れても意味ないし、出来なくていいもん!って本気で思っていました。

 

中学時代は「自分は英会話教室に行っていたから英語ができる」と思っていたところから、

「授業についていけない」という辛酸をなめた経験で一気に英語が嫌いになりました。

 

もん
もん

その後英語ではだいぶ苦労をしましたね。

 

息子にはこの苦労をさせたくなかったので、英語に挫折しないように早期からインターナショナルスクールに通わせました。

 

通わせた理由②海外に行って英語ができないとヤバいと実感した

長男をインターナショナルスクールに通わせた理由は、「できても意味ないじゃん」と思っていた英語が英語圏の国でなくても必須だったと肌で実感した体験からです。

 

 

英語挫折組だった私(ママ)に転機が訪れたのは高校1年生のこと。

韓国の高校生と交流する2泊3日の韓国勉強ツアーに参加をし、その際に1泊は現地の家庭でのホームステイでした。

もん
もん

このホームステイをした経験が私の人生を変えることとなります。

 

宿泊先のご家族はもちろん韓国の方なので、日本語が話せません。

そして私は韓国語スキルがないので、韓国語が話せません。

この時に役に立ったのが英語でした。

 

「I’m hungry.」

「Thank you.」

英語ができない私は何とか知っている単語を必死に口に出したのですが、ルー大柴のような日本語英語みたいな変な喋り方になってしまってそれはもう酷かったですね(笑)

 

でも、ホストファミリーは私の「伝えよう」と必死に出す言葉をしっかりと受け止めてくれました。

自分の気持ちや考えが海外の人に伝わったのがとても嬉しかったのを今でも鮮明に覚えています!

 

この時に初めて英語が世界共通語であることを実感し、また同時に英語の大切さを肌で実感しました。

韓国ホームステイの経験が「もっと海外の人と話をしたい」という気持ちを芽生えさせ、私の英語学習のやる気スイッチをonにさせたんですね~!

 

半ばスパルタで英語の重要性を感じた経験から、「この苦労はさせまい」と考えたので長男をインターナショナルスクールに通わせました。

 

インターナショナルスクールの良かった点

インターナショナルスクールに通わせて、ずばり良かった点はこちらです。

 

  • 英語耳が身に着いた
  • 感情表現豊かでフレンドリーな子に育った
  • 小学校一年生で受験した英検Jr.(ブロンズ)では満点を取れた

 

英語耳が身に着いた

インターナショナルスクールに我が家の長男が2~6歳の4年間通った結果、英語の発音を聞き分ける「英語耳」ができました。

 

実はこの「英語耳」の取得は、大人が習得しようとするとものすごく苦労するのです。

日本語と英語は周波数が違うのはご存じでしょうか?

日本語に慣れている人からすると英語の周波数は雑音にしか聞こえないので、日本人は英語がなかなか習得できないのです。

それを耳がまだ柔軟な子どもうちに慣らすことで、自然に耳に英語が入ってくるようになるんですね!

小さいうちにインターナショナルスクールに通わせることによって英語耳が作られることが、その後の英語の習得度に差をもたらすのです。

感情表現豊かでフレンドリーな子に育った

長男の通っていたインターナショナルスクールには7~8か国の国の先生が在籍していました。

 

  • 金髪の先生
  • 黒人の先生
  • アジア系の先生
  • 目が青い先生

 

多種多様の国の人たちに対して臆することなく話しかることができるようになったのは、インターナショナルスクールに通ったおかげだと言えます。

 

 

また海外の人は日本人と違って、身体全体で感情表現をします

スクール内では生徒同士も、先生と生徒もハグ等のスキンシップやオーバーリアクションは当たり前!

お陰で長男は身体いっぱいに感情を表現してくれる素敵な子になってくれました。

 

長男が4歳のお誕生日に2人でバリ島に旅行した時のこと。

現地のホテルのガードマンさんや同ホテルに宿泊していたカナダ人の女の子と仲良く会話をしている姿に感動したことを今でも覚えています。

 

小学校一年生で受験した英検Jr.(ブロンズ)では満点を取れた

インターナショナルスクールを卒業してからも長期休暇にはインターナショナルスクール主催の期間限定スクールや英会話教室に通っていた長男。

小学校1年生で受験した英検Jr.のブロンズの級では満点を取ることができました。

 

英検Jr.はリスニングの試験です。

満点を取れたということはしっかりと聞き取りができている証拠

英語力がきちんと身についていることがわかって、とても嬉しかったですね!

本人にとっても大きな自信に繋がったようでとても喜んでいました。

 

私自身が英語取得のゴールとしていた、「世界中の人と英語で話すことができる」ということを見事に達成してくれた長男は本当に私の誇りです。

 

インターナショナルスクールの悪かった点

インターナショナルスクールの問題点(悪い点)はあまりクローズアップされることは少ないですが、ずばりこちらです。

 

  • 日本語の語彙力の未熟さが小学校で判明した
  • 遅れている日本語の語彙力を取り戻すのが大変
  • 授業料が高すぎる

 

 

 

日本語の語彙力の未熟さが小学校で判明した

良い点ばかりがクローズアップされるインターナショナルスクールですが、実際に4年間通わせて「インターナショナルスクールってこれでは意味ないじゃん!」と思ったことがあるのもまた事実。

それは、日本語の語彙力の成長の未熟さが露呈したということでした。

 

2~6歳の4年という時間は、さまざまなことを体験・吸収して成長するスピードが著しい時期。

特に幼稚園や保育園は学習の基礎となる部分を学ぶ大切な場所であり、教えてもらう内容のほとんどが家庭で教えることが難しいことばかりです。

この間に英語を学ぶことは習得する上でとても良いことです。

 

しかし言い換えればその期間に学びの場で浴びるはずだった「日本語のシャワー」が、英語に時間を使われる分だけ減るということになります。

英語教育と同時に日本語教育にもしっかりと力を入れているインターナショナルスクールは多いです。

でも、日本語に触れる時間が少なくなる分だけ確実に日本語力の習得は遅くなります

 

遅れている日本語の語彙力を取り戻すのが大変

インターナショナルスクールに通っている間は、周りがみな英語の環境にあるお友達。

そこから日本語教育オンリーの子供が集まる公立の小学校に通いだすと、長男の話し方は同じ年齢の子と比べるとどこか少し幼いなと感じるようになり、日本語の語彙力を補うために学研教室に通わざるをえませんでした。

 

もん
もん

小学校に入学してから少しずつ長男の語彙力に異変を感じ始めました

 

トドメとなる出来事が、2学期末の担任の先生との個人懇談でした。

 

「〇〇君(長男)、授業の内容があまり理解できていないようなんです。
特に国語が弱いようですが、他にもお友達とお話していても
言葉がなかなか出てこないようで困っていることが多いです。

 

ハンマーで頭をたたかれたような衝撃でした。

 

えっ?日本語が理解できていないってドウイウコト?
インターナショナルスクールではしっかりと日本語教育にも力を入れてくれていたはずなのにどうして?

 

あまりのショックといっぱいのハテナで帰り道は頭が真っ白でしたが、これはまずいと思いすぐ翌日に公文式と学研教室の体験授業を予約。

公文式の体験授業の際に教室の先生に「体験をしようと思ったきっかけ」を聞かれたので、全てのいきさつを話して今後どうしたらいいのか途方に暮れているということを打ち明けました。

すると、公文の先生はこう答えてくれました。

 

今の時代、お母様のように子供の将来を考えてインターナショナルスクールを選ぶ親御さんが少しずつ増えてきています。
しかし、インターナショナルスクールでは普通の幼稚園や保育園と比べて半分以下の日本語の言葉のシャワーしか浴びることができないので必然的に語彙力が伸びづらい環境です。

平仮名やカタカナを書いたり覚えたりするお勉強の日本語ができても、それを理解する能力が身につかないと語彙力が増えません
国語の読解力がないということは算数の文章題が読めないし、他の教科でも教科書の内容を理解することが他の子よりも何倍も難しいです。

 

これが息子の勉強ができない理由であり、またお友達とうまく会話をすることができない理由なのかと物凄く納得することができました。

インターナショナルスクールに通わせた結果、日本語ができなくなったというのは何とも皮肉なお話ですよね。

親が注意して日本語の読解力や語彙力を補ってあげる環境こそ、インターナショナルスクールに通いながらも母国語を習得するうえでは重要なことなのだと、卒業後に身をもって実感しました。

 

 

 

授業料が高すぎる

インターナショナルスクールで問題な点(悪い点)は、授業料が高すぎることです。

幼稚園の授業料は近年無償化されたので今はとっても安く幼稚園に通わせることができますよね。

しかし、インターナショナルスクールは無償化の対象には当たりません

 

 

我が家の長男が通ったインターナショナルスクールは月謝が約8万円

延長保育や園バス利用などを増やしていくと、軽く10万円は超えてしまいます。

またインターナショナルスクールは長期の休みに補講という形で別途別料金の授業が開かれるところが多いので、さらにお金がかかります。

我が家はこれを4年間継続した結果、約500万円近くのお金をインターナショナルスクールに支払いました

 

この金額をどう判断するかは個々の価値観の違いですが、私は高すぎると感じました

ここまで高い金額を払ってまでインターナショナルスクールに行く意味ないんじゃないの?と思ったのも本音です。

まとめ

今回は「インターナショナルスクールは通っても意味ない?良い点と悪い点は?」と題してお送りしましたが、いかがでしたでしょうか?

インターナショナルスクールに4年間通わせた実体験は結構生々しいと思います!

 

インターナショナルスクールに通わせてよかった点は、こちらです。

①英語耳が身に着いた
②感情表現豊かでフレンドリーな子に育った
③小学校1年生で受験した英検Jr.(ブロンズ)では満点を取れた

 

インターナショナルスクールに通わせて問題だった点(悪かった点)はこちらです。

①日本語の語彙力の未熟さが小学校で判明した
②遅れている日本語の語彙力を取り戻すのが大変
③授業料が高すぎる

 

私は決してインターナショナルスクールに通わせたことは後悔していません!

しかし、世の中の風潮はインターナショナルスクールの良い点ばかりがクローズアップされすぎているので、あえて今回は反対側の問題点も述べてみました

今後お子さんの進学にインターナショナルスクールの選択肢を考えたい方の参考になれば嬉しいです!

それでは、今回はここまでとさせていただきます。

最後までお付き合いくださいましてありがとうございました!

スポンサーリンク
トレンド
スポンサーリンク
seaya4673をフォローする
もんのトレンドニュース
タイトルとURLをコピーしました